画角と距離

全ての人がスマホを持っているわけではないにしろ、今はほとんどの人がスマホを所有していますよネ。

 

おそらく、そのスマホにはカメラ機能がついており、レンズ越しの情景をすぐに確認することができると思います。

 

つまり、前回取り上げた「Follow」のシミュレーションを、そのスマホで簡単にできるわけです。なんなら、録画して何度でも再確認すらできます。

 

良い時代ですネ。

 

 

 

で、カメラを扱う時の基本中の基本ですが、

 

ズームだけでなく、自分も動いて、フレーミングする

 

‥‥というのが、撮影する時の鉄則です。

 

アニメーターのような日頃絵にこだわっているような人間でも、スマホの画面に実写がモニタされると、「ああ、こんな感じか」と妙に無批判に納得したりします。

 

カメラに写った実物相手に、ナンですが、

 

こんな感じじゃない

 

です。早々に納得してはイケませんよ。

 

自分の記憶やイメージと、スマホのカメラモニタの内容がズレている時は、まあ、十中八九、画角の問題=ズーミングの問題と、被写体との距離の問題です。

 

大概のスマホの画角は、日頃の距離感の被写体を捉えるために、広角寄りのレンズになっていることが多いようです。少なくとも、iPhoneはそうです。

 

ゆえに、何でもかんでも「パースがついて」鬱陶しく湾曲します。こんな感じに。

 

 

椅子に座ったまま、さきほど飲んだサイダーのペットボトルをiPhone8で撮りました。もっと良い被写体は無かったんかい‥‥とか言わんでください。

 

Vの字に、パース線が開いて、上に広がって、下にしぼんでいますよネ。画角と被写体との距離によって、このようなパースの絵になります。

 

では、もっとフラットに撮りたい場合は、どうすれば良いでしょうか。

 

簡単です。椅子に座ったまま、体をちょっと反らして引いて、サイダーのペットボトルとの距離を開けて(以前より30〜40cmくらい離れて)、距離が開いた分だけ小さく見えますからズームで寄って、フレームの納まりを同等に収めます。

 

こんな感じに。

 

 

まだ、若干、下側に狭まっていますが、かなりフラットになりましたよネ。

 

画角と距離を、自分の思いのままにコントロールするとは、すなわち、

 

ズームで寄って引いて、レンズで近づいて離れて

 

‥‥という、とても基本的で簡単な内容です。

 

一眼レフを買わなくても、iPhoneでいくらでも学習できます。

 

たったこれだけのことをしないばかりに、似たような広角の誇張された画面の写真ばかりを撮ることになります。ズームで寄ってレンズは離して、ズームで引いてレンズは近づいて‥‥という単純な操作だけで、撮影される写真の内容は大きく変わります

 

たとえそれが、手の届く距離の範疇〜身辺1m未満のエリアであっても、です。

 

 

 

なぜ、広角レンズで近づいて撮影すると像が歪み、望遠レンズで離れて撮影すると像がフラットになるのかは、上図の模式図でなんとなくわかりますよネ。

 

広角側の距離AとBの長さの差は大きく、距離Aのほうがレンズに近いので、Vの字に湾曲します。

 

一方、一番離れた望遠側の距離AとBの長さの差は少ないため、Vの字に湾曲する度合いも少なくなります。

 

理屈を知れば、なるほど簡単。

 

 

 

なぜか、カメラを使う人の多くは、「撮りたい!」と思った瞬間から足が地面に張り付いたかのごとく、自分では動こうとしません。カメラで撮影する時は、カメラを持った手を動かして角度を探すだけでなく、足も使って距離も探しましょう。そして、しゃがんだり中腰になったり背伸びしたりして、アイレベル(作画でお馴染みの)を操作しましょう。‥‥それだけで、写真はググッと自分のイメージ通りに面白くなります。

 

3DCGでも同じことが言えるのですが、実写はカメラの画角と距離と高さによって、人の顔の印象は激変します。可愛い女の子を可愛く撮りたいのに、広角で顔面を狙って馬面に撮ってどうする。お人形さんみたいに撮りたいのなら望遠、身近でさりげない雰囲気で撮りたいのなら50mmの標準や85〜105mmの中望遠‥‥と、レンズ口径の選び方と被写体との距離に気を配れば、いつも描いているアニメのキャラのように、普通に可愛く綺麗に撮れます。

 

普及価格帯の一眼レフカメラを持っているのなら、フルサイズ用(35ミリライカ判)の50mm単焦点レンズを装着して、愛する人や猫や犬を絞り開放気味(=深度を浅く)で撮るだけで、美しい瞬間をカメラに写し撮ることができます。ちなみに、APS-Cですと50mmは中望遠近くの画角になりますので、ポートレイト(猫でも犬でも)に最適です。明るくて軽量で、しかも安い50mmレンズは楽しいですヨ。

 

まあ、アニメーターの多くは、自分の描いているキャラの顔立ちがレンズ口径何ミリか‥‥なんて意識せずに、「自分が良いと思った絵」を描くだけなので、カメラを使う時は画力が活きずに素人みたいになっちゃいますが、レンズの口径(ズーム)と距離で「絵を探す」意識を持って撮影すれば、自分の「絵を描く時の美意識」を反映できるようになります。‥‥だから、カメラは面白いのです。

 

何となく突っ立ったまま、iPhoneを構えてボケ〜っとシャッターボタンを押すのではなく、スワイプ操作によるズームの変更と、自分の体を動かしてiPhoneの位置をあれこれ変えてみれば、自分の撮りたかったと思う絵が見つけやすくなります。

 

ちなみに、以前自分の目で大雑把に測ったことがあるのですが、

 

片目の場合:ライカ判のレンズ(=いわゆるフルサイズの一眼レフ)で、70mm相当

両目の場合:ライカ判のレンズ(=いわゆるフルサイズの一眼レフ)で、40mm相当

 

の画角でした。あくまで、私の目での話なので、個人差はそこそこあると思います。

 

つまり、自分の両目で見た画角で収めたいのなら、フルサイズの一眼レフなら、40mmのレンズ口径で撮影すると、私は私の見た目に合う‥‥ということです。

 

 

 

たまに、「密着引き」の方向がわからなくなることってありますよネ。被写体を中心にして周囲を回るようなカメラワークだと、余計混乱します。理屈でわかっていても、確認したい時もあります。

 

そんな時は、その辺にあるコップやペットボトルで机の上に簡易芝居場を作って、iPhoneでカメラテストをしましょう。手軽に答え合わせができますヨ。

 

もし、画角と距離の操作だけで「こんなにも自分の思う絵が撮れるなんて」と手応えを感じて、もっと写真を撮ってみたいと思ったら、いまどきのミラーレス一眼とかは第1歩に良さそうですネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM