貂明朝

貂明朝(てんみんちょう)書体を使ってみました。AdobeのCCユーザなら無料で使えます。

*もし、スマホで見ていてフォントの表示がいつもと同じ場合は、JUGEM「PC版」(右上のアイコン)に移動してください。

 

いや、無料というのは語弊があるか。CCの料金で使えます。フォントは別腹‥‥という習慣があるので、つい。

 

https://fonts.adobe.com/fonts/ten-mincho

 

貂明朝は文字が小さめに感じる印象なので、1.2emに設定。その他はデフォルト。

 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン

言葉の豊かなテクスチャーを際立たせる文字のかたち

Adobeのサンプル文、そのまんまで。

ちなみに、貂は動物のテンちゃんです。隠し文字の全角に貂の絵文字がありますヨ。(Photoshopで確認できます)

 

 

 

‥‥と、貂明朝はここまで。‥‥あくまでテストで、今後もこのブログはデフォルトの書体でいきます。

 

こんなフォントも組み込めます。

 

 

ちぎっては投げ、ちぎっては投げ...

 

 

ちぎっては投げ、ちぎっては投げ...

 

 

 

JUGEMはHTMLのテンプレートとCSSをユーザがコード直書きでカスタムできるので、Adobe CCのフォントも使用可能にできるのです。

 

現在準備中の個人サイト(懐かしい言い回しだね)は、Adobe Fontsをせっかくなので大々的に活用して、書体のルックも楽しみながら作ろうと思っています。昔の活字っぽくもあり、電子書籍っぽくもあり、可愛らしい貂明朝をメインにしようと考えてます。

 

Adobe CCユーザなら、以下の手順でWebでAdobe Fontsが使えます。

 

Web サイトへのフォントの追加

https://helpx.adobe.com/jp/fonts/using/add-fonts-website.html

 

ちなみに、当然ではありますが、あくまで、アカウントは自分個人所有のを使いましょうネ。アカウント〜プロジェクトIDを埋め込むわけですからネ。

 

 

 

JUGEMのブログも、いざとなれば、かなり自分好みにカスタムできるんですよネ。HTMLのテンプレート部分と、CSSが直書きでイジれちゃうのですから。

 

単にユーザにスタイルを選ばせるだけでなく、コードレベルでのカスタムの余地を用意してくれているのは、嬉しいですネ。いまどきの風潮とは反して、「使える人はどうぞ。」という感じで。

 

ただ、わけもわからずイジると、ぶっ壊れる可能性もあるので、慎重にやりましょう。私も、CCのDreamweaverで試してからにしています。

 

例えばこのJUGEMも、モバイル用のHTMLに書き込むCSS部分がうまくいかなくて、もうちょっとコードを読んで流れを理解してから書き換えないと、iPhoneなどのデフォルト表示では全くAdobe Fontsが反映されません。JUGEMではなく、自分のサイトなら、モバイル用のCSSもゼロから作るんで流れがわかるんですけどネ。‥‥他人様の作ったコードを一部変更‥‥というのは、うまくいかない時は中々ムズイす。

 

とは言え、ブログでも、CSSの編集次第で、こういうボックスも作れちゃうのが、楽しいですネ。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM