スクリプトの刑に処す

作業が活気付いてくると、日々の雑事はたとえ些細なレベルでも面倒で厄介です。ちょいちょい作業の腰を折るので。

 

現在、新しいタイプの作画技術ではタイムシートをクラウドの表計算で記しています。一方、原画上がりに相当する作画上がりはPSDファイルのレイヤー構造で、規則(階層や名称など)を定めてファイルを出力しています。

 

つまり、PSDファイルのレイヤー構造は、セル重ねの構造であり、彩色作業枚数でもあります。

 

新しい技術ではもはや「ABCDE」というセルの名称は廃止し、実際のキャラの略語で表し、各パーツと内容を、レイヤー名で記しています。

 

例えばタローの顔と髪の毛の線画なら、

 

taroというレイヤーセットの

face.line

hair.line

 

‥‥といった具合です。

 

これらは、アクションシート上では、

 

taro as contents

face as Obj ID

hair as Obj ID

 

‥‥のように表記されます。‥‥‥というか、そのように記述しなければ、次の工程の作業者が理解できません。ちゃんと階層構造も名前も正確に記さなければ、「これは誰の髪の毛?」ということになります。

 

‥‥まあ、絵の内容を見れば、彩色作業者さんは良きに計らってくれるのですが、だからといってレイヤー名やレイヤー構造や伝票の表記を滅茶苦茶なまま渡してしまうのは、甘え過ぎを通り越して未来の作業体制の不安にもなりましょう。

 

ちゃんと規定して整然と取り回すフローを確立するのは、コンピュータを導入した後だからこそ、改めて、重要な取り組みとなります。

 

 

とはいえ。

 

こうした事務的な「レイヤー名 to 表計算の記述」を手作業でやると、地味に面倒。

 

大した所要時間ではないですが、文字を打ち間違えないように神経を使いますし、もしかしたら、レイヤー名を書き写し忘れる人災も起こりましょう。

 

そんな雑事は、

 

スクリプトの刑に処す

 

‥‥です。コンピュータの一番得意な、1文字も間違えずにコピペする能力を使わない手はないです。

 

Photoshopのレイヤー名を順々に取得して、promptのテキスト欄に書き出せば、後はコピーして、表計算に「内容だけペースト」すれば、一番面倒な「レイヤー名を書き写す」作業を自動化できます。

 

まあ、一番良いのは、そもそもアクションシートと連動してAfter EffectsやPhotoshopが動作することなのですが、今はそんなに欲張らずに、地道に面倒な手間を軽減することで確実にミスと時間消費を抑えます。

 

 

エレガントな統合作業環境を目指すのは、見果てぬ夢として抱き続けて、今は、とにかく人の時間を奪う雑事を、「思いついたらスクリプト」でプチ自動化して、どんどん新しい取り組みによる映像制作を進めましょう。

 

単に第1階層のレイヤー名だけを取得するなら、

 

var adys=app.activeDocument.layers;
var text="";
for (var i=0;i<adys.length;i++){
    text=text+adys[i].name+"¥r";
}
prompt("レイヤー名の一覧です",text);

 

‥‥と、改行(バックスラッシュとアール)で区切ったテキストを生成できます。

 

まあ、このままだと、フレームのレイヤーや使わないレイヤーや背景レイヤーまで取得しちゃいますので、visibleを使うなり、レイヤーセットで仕分けるなり、名前で判別するなり、適宜工夫して「使えるスクリプト」に変えます。

 

動作の様子は、以下のスクリーンショットのごとく。

 

 

*プロンプトの見た目は1行ですが、改行して下に連なっています。

 

*サンプルのスプレッドシートです。実際は、作業用アクションシートとしてのスプレッドシートの見た目になっています。

*実際はドット以下の「.line」をsplitで削除して、項目名だけ書き込んでいます。「hair」「face」というように。

 

 

 

こんな簡単なスクリプトでも、もしレイヤーが20個あって、そのレイヤー名をスプレッドシートなどの伝票に書き写さなければならない時は、手作業と自動処理で格段の差が出ます。自動処理なら、楽な上にミスも皆無です。

 

HTMLのテーブルや、TSVやCSVでよければ、直にファイル出力することまで、Adobeのスクリプトで可能です。

 

スクリプトは覚えて損はないので、思い立った時に、自分の力で覚えましょう。

 

 

 

毎日毎日、線画ばかり描いて、雑事に振る時間があったら、休息に充てたいです。

 

本業をちょいちょい阻害する雑事は、スクリプトの刑に処すのが一番です。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM