やる、やらない

プログラムを身近な存在にするには、まずはスクリプトを常用して、日々の作業の補助に役立てるのが良いです。

 

After EffectsやPhotoshopなら、ESTK。

 

システム関連ならShellスクリプト。

 

macOS特有ならAppleScript。

 

これだけでも、相当便利になります。Windowsの場合は、何がShellやAppleScriptの代わりになるかは、私はよくわかりませんので調べてみてください。

 

ある程度慣れてきたら、いよいよGUI付きの「ソフトウェア」っぽいものにチャレンジします。macOSだとXcodeという開発環境が無償で提供されており、macOSだけでなく今はむしろiOSの開発環境として活用されています。

 

さすがに、ソフトウェアともなると色々と大変になってきて、起動と終了の動作(初期設定の読み書き)から始まって、ウィンドウを作ってその中にリストボックスやボタンやプログレスバーやプルダウンメニューなどを配置し、それらパーツの動作に関するプログラムを個別に書いて、時にはマウスのイベント(マウスが上に来た、マウスが動いた、マウスのボタンがクリックされた‥‥とか)に対してもプログラムを書き、さらにはApplication Supportの中に自作のライブラリを追加したり、管理者権限を求めたり‥‥と、一気にやることが肥大化します。

 

なので、まずは欲張らずに、日々の作業を地道に軽減してくれるスクリプトから作って、いつでも使えるようにしておきます。デスクトップのメニューから呼び出せるようにしたり、ドックに収納するのも手軽です。

 

*Finderのスクリプトメニューから呼び出す方法

*このブログに画像を掲載する時に活躍するのが、何らかの画像ファイル形式をJPEGに変換するスクリプトです。Photoshopのバッチとかだと大袈裟過ぎますもんネ。

 

 

いまどき、AppleScriptを覚え出すのはナンだなあ‥‥とも思うので、AppleScriptは「窓口」にして、Adobeスクリプト(JavaScriptの独自拡張)やShellスクリプトを実行するのが良いかも知れませんネ。「do script」を使って、AppleScriptは単に窓口に徹して、左から右へと受け渡します。

 

「電力関連を求める」「dpiを求める」ようなスクリプトも上の図にはあります。AdobeスクリプトもShellも必要ない、単純な数式の計算も、スクリプトを作っておくと便利です。

 

ワットとボルトとアンペアの関係なんて、私ら映像制作の人間は覚えてもすぐに記憶が曖昧になりますから、スクリプトを作っておけばいつでも値を確認できます。対話式の簡素なウィンドウで事足りるので、インターフェイスビルダーの助けも不要です。

 

 

 

単純な数値計算といえば。

 

dpiの計算は、スキャンが絡む現場には必須です。ペーパーレスだとピクセル寸法だけでも事足りますが、まだまだ「スキャン解像度」の必要性は高いです。

 

dpiの計算は単純な内容ですが、「インチって何ミリだったっけか」「寸法あたりのピクセル数を求めつつ、インチとミリの変換も混ぜ‥‥」となると、よほど日々頻繁に計算する立場でもない限り、曖昧になりがちです。ゆえに、スクリプトで作っておきます。

 

 

1つ1つのスクリプトは他愛ない内容でも、作って貯めておけば、便利でしょ?

 

こうしたスクリプトをいくつも作る過程で、どんどんプログラムに対する「別の世界のものごと」感が薄れ、日々の作業の単なる1要素まで身近になってきます。

 

それこそ、5000円を三人で割り勘すると、

 

alert(5000/3);

 

‥‥なんていうところからスタートしても良いわけです。

 

今、目の前にあるのは、「プログラムをやる」と「やらない」のシンプルな2択だけ、です。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM