mini 5の周辺

iPad mini 2019にマッチするカバー・ケースは、純正もサードパーティ製も存在するみたいですが、mini用かつApple Pencilを装着可能なケースは、さすがにまだ目にしません。今までminiのサイズでApple Pencilを使えたiPadが無かったので、色々なケースの展開もこれからでしょうネ。

 

保護フィルムは、既に予約販売のものがアマゾンでいくつか出始めました。

 

 

 

 

表示をよく見ると、「iPad mini 4」とも書いてあるので、どうやら、iPad mini 4用の保護フィルムやガラスは流用可能なんでしょうね。

 

では、iPad mini 1, 2, 3のフィルムは流用可能か‥‥というと、アマゾンで調べた限りでは、3と4で流用可能なフィルムは存在せず、どうも、3以前と4以降の間には流用できない溝があるようです。

 

 

 

私の持っているiPad miniは2つあって、miniの「Retinaモデル」とmini 2です。

 

mini Retinaのほうは、iOSが8までしかアップグレードできず、現在はiPad 2と共に休眠状態です。iOS 8でも動作がもっさりしており、ぶっちゃけ、使い物にならないレベルなので、おそらくこのまま生涯を終えるでしょう。

 

mini 2は、まだ使える状態ではあり、色々な雑務をこなしております。Alexaの設定とかスマートコンセントの制御とか、音楽再生とか。‥‥言い換えれば、iOS12の現在においては、いつも持ち歩きたくなるような性能ではなくなったので、地味な雑事に使っているのです。私は自分のCDライブラリとApple Music(iCloud ライブラリ)をきっぱり分けて管理しているので、mini 2は「自分のCDライブラリのプレイリスト用」に使っています。

 

 

 

なので、mini 5。

 

4月の第1週に到着予定。

 

私はいつも刻印を入れるので、遅いのです。

 

ゆとりちゃん(家計簿ソフト)の喪失から立ち直って、4月からクラウドベースの会計ソフトをつけることもあり、いつも持ち歩くiPad miniとして導入します。もちろん、Apple Pencil必携で。

 

ただ、書き味向上フィルムは貼らずに、反射防止フィルムか強い硬度のガラスを貼る予定です。書き味向上フィルムは、あくまで絵をメインで描く用途のiPad Proには必需ですが、弊害=暗部が若干底浮きしたりジェスチャの反応が悪くなるので、携行用のminiには適さないと判断しています。

 

5月6月に2つの機材関連のローンが終わって身軽になるので、今月いっぱいのAppleローン(iMacとか色々出したから、また延長する?)の分割手数料0円24回払いで月々3千円台で購入しました。今回はAppleケアにも同時加入しました。持ち歩く前提なので、落として割れるなどのリスクに対応するためです。こちらの落ち度で豪快に破損しても、数千円で修理(多分交換)してくれるので、ビクビクせずに持ち歩けます。

 

AppleCare+に加入すると、iPadとApple Pencilの保証とサポートがAppleCare+の購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につきiPadは4,400円(税込)、Apple Pencilは3,400円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。

 

iPhoneのテザリングオプションも開始して、iPhone、Apple Watch、そしてiPad mini 5の「携行ファミリー」を完成させようと思ってます。私はカーナビをiPhoneに頼っていますが、iPad mini 5の大きな画面のカーナビでロケハンにも行けるようになります。

 

アラウンド50になったら、引きこもるのではなく、むしろ活発に行動しないとね。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM