ボールペン

私は、万年筆に関しては「定番」と呼べる銘柄を自分の中で確立しているものの、ボールペンに関しては半世紀を生きても不定です。使おうと思うと、インクが出ない‥‥という体験が多く、どの会社のどの製品が信頼性が高いのかが、未だによくわからないのです。

 

もちろん、万年筆もインクがでないことはしょっちゅうですが、理由もわかりますし復活方法も手馴れているので、頼れる製品は定着しています。私はペリカンが好きで、ラミーのカリグラフィ用も使いますが、日頃使いで一番信頼しているのは、何と言ってもプレピーです。

 

 

 

1本単体だと300円くらいの「安い万年筆」ですが、しばらく放置してたまに使う程度でも、まるでサインペンのようにいつでも書ける!

 

私はペリカンやラミーではコンバータを常用していますが、その理由は頻繁にインクの水分が揮発して書けなくなるので、「ちゅう〜」とインクを吸って復活させる必要があるからです。カートリッジだと不経済なのが理由です。まあ、毎日使う人こそ万年筆が似合うのでしょうけどネ。

 

しかし、このプラチナのプレピーは、どういう技術かよくわかりませんが、万年筆なのにインクが乾いて書けなくなることがないです。書き味だって、普通に万年筆です。なので、万年筆のインクをさっと使いたい時は、メンテが不要なプレピーを使うことが多いです。

 

 

 

「消せない文字」用途なら、プレピーで決まり!‥‥のように思えるのですが、「複写」が必要な場合は、万年筆には全く不向きです。万年筆の筆圧では、複写は無理ですもんネ。

 

なので、プレピーのように、いつでも確実にインクがでるボールペンを常備したいと思っています。

 

携帯用はステッドラーのアバンギャルドを愛用していますが、だからといって、頻繁に鞄から出して使っていると、外出した時に鞄に入ってない!‥‥なんてことを、私はやってしまうのです。そういう些細な場面での管理能力が私は異様に劣っているので、携帯用は携帯用として鞄に定着させたいです。

 

机に常備するボールペンで、確実にいつでも使える製品はないのか。

 

最近、「加圧式」という何やら「インクの推しの強そうな」ボールペンがあることを知り、試しに買って使っています。

 

コレ。その名も「エアプレス」

 

 

 

書いた感じは、特に「エアプレス」を感じるものでもなく、至って普通です。耐久性も長く使ってみないと判らないので、まずは数ヶ月間〜1年のんびり使ってみようと思います。

 

濡れた紙にも書けるというのは、凄いですね。‥‥まあ、そういう場面があるかは別として。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM