ギター消耗問題

エレキギターって、明らかに消耗品ですよネ。1本のギターをちゃんと弾きつつ一生モンにするには、相当コストがかかります。

 

まず、ピックアップの出力低下。これはオリジナルを維持しようとするとかなり難しいんじゃないですかね。なので、私はピックアップをディマジオとかダンカンのものに交換しちゃいます。

 

IMG_0808.jpg

 

音は変わりますが、弾けなくなることはないです。新しい音色に生まれ変わるのを良しとするか否かですネ。

 

 

次に、セレクタやポット、ジャックの接触不良。アナログ電気信号なので、経年の磨耗によって出力が低下したり接点不良を引き起こします。これも自分で直せます。

 

IMG_0808.jpg

IMG_0808.jpg

 

 

次にペグ。マシンヘッド。これも劣化して、底が抜けたり、シャフトが折れることもあるようです。私は底のプレートが抜ける程度、ガタが酷くなる程度でしたが、これも劣化するので交換対象ですネ。

 

IMG_0808.jpg

 

 

 

次に手汗で劣化するブリッジのパーツ類。駒は錆びやすいパーツです。チタン製の駒も出ていますし、丸ごとアセンブリも結構安価に買えます。

 

IMG_0808.jpg

 

 

意外に真っ赤に錆びるのは、ピックガードのネジです。ネジを1本外して大きめのDIYショップに持参して、似たネジを買うのでも良いです。交換品を買う際は、ネジのピッチと径は慎重に。

 

IMG_0808.jpg

 

 

そして、1番の難物は、フレット。‥‥フレットの消耗があるがゆえに、音がまともに鳴らなくなって、永眠状態になってしまうギターは山ほどあるのではないでしょうか。

 

IMG_0808.jpg

 

フレットの打ち替えだけは、私はやったことがありません。いかにも難しそうですし、作業場所も場当たり的な空間ではなくちゃんとした作業場所が必要になりそうなので、私にはちょっと無理かなぁ‥‥と思います。iMacの横でフレットとか打ち替えられそうにないもん。

 

なので、現実的には、

 

あまり高いギターは買わず、ショップのフレット交換費用より安いギターを買い替えながら常用する。

同じく、あまり高いギターは買わず、同じモデルの新品を買って、部品取りにする。

フレットが打ってあるネックだけをパーツ買いしてネックを丸ごと交換する。

 

‥‥くらいでしょうかネ。ネックを買うのは良さそうに思えますが、最低でもドリルくらいの工具は揃えておかないと、交換時に思わぬトラブルに対処できないので、手軽なのはギターを乗り継いでいく方法です。

 

なので、私は1〜7万くらいの価格圏内のギターばかり使っています。プレイテックのギターは1万円以下なので、かなり気軽に弾き倒せます。2〜3年でフレットがダメになってもキモチのダメージは軽いです。‥‥さすがに、今は指が鈍るほどギターを弾いていないので、2年でフレットがヘタるようなことはないですけどネ。

 

最近、買ったまま1度も弾かずに2年も眠っていたプレイテックのギターを弾いたのですが、税込7千円でも破綻することなく、充分楽しい音を奏でていました。いつか音をアップできると良いんですが、プラモに占領されて宅録の環境が中々作れなくてネ‥‥。

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM