スクリプトの機能プチ追加

以前作った「Photoshopのレイヤーを順々に書き出す」スクリプトは、実はアニメ作画以外でも結構重宝しています。何かと、Photoshopのレイヤーを個別のファイルに書き出したい場面はあるもの‥‥ですネ。

 

 

 

 

以前載せたこの模式図は、一部省略してありまして、「常時表示するレイヤー」などは図中にありません。

 

実際にスクリプトを作ってみればわかることですが、レイヤーを順次書き出すだけではあまり役に立たないのです。

 

静止画(止め絵)として書き出すレイヤー

レイヤーフォルダにまとめた、イメージシーケンスとして書き出すレイヤー

レイヤーフォルダにまとめているが、静止画として個別に書き出すレイヤー

常時表示するレイヤー

 

最低これらを処理できないと、「線画だけ描いて白地やフレームは他のレイヤーを使いまわし」などの作業省略方法が効きませんもんネ。

 

 

スクリプトは必要に応じて、機能を付け足して強化できます。これが自分でスクリプトを作る醍醐味でもあり、スクリプト・プログラム能力を兼ね備えた作業集団の強みでもあります。

 

現在の仕様では、当座のニーズに合わせて、TGAを書き出す仕様です。それでは、ちょっと限定的‥‥というか、使い道が限られます。

 

なので、TGA、TIFF、PSD(統合した)、JPGくらいの選択肢はあっても良いですよネ。

 

 

リストからプルダウンして選ぶファンクション(1発で呼び出せるヤツ)って、ありませんでしたっけ? ‥‥まあ、ないのか。しょうがないので、windowオブジェクトからいちいち作りました。う〜ん、コードでGUIを記述するのは面倒。

 

AppleScriptなら「choose from list」で済むんですけどネ。ESTKのエディタだけでなく、インターフェイスビルダーが欲しい。

 

どうせなら、ファイル形式だけでなく、書き出し場所の指定も‥‥とか、機能を増やしたくなりますが、前回指定した項目や場所を覚えておくにはプリファレンスの仕組みも必要だし、何だか地味に規模が広がっていくので、欲張りはナシに。

 

でもまあ、この程度のスクリプトでも、無いよりはあったほうが百倍マシです。実際、手作業でレイヤーを書き出してたら、日が暮れます。

 

 

どんなにソフトウェアが充実しても、スクリプトの必要性は全く薄れないでしょう。

 

絵を描くのは、ラスターだろうがベクターだろうが、線を1本1本、手作業で然るべし。そこを放棄したら、絵描きではなくなります。絵描きを名乗れない。

 

でも、ファイルの書き出しを1ファイルごと手作業ではなく自動処理しても、絵描きでなくなるわけがないです。むしろ、そういう手間はどんどん自動化して、もっと絵に精進するか、自動化で浮いた時間は帰宅して明日のために寝ましょう。

 

目下の課題は、アニメーターをはじめとした作業集団の内部に、どうやってスクリプト修得者を獲得するか‥‥です。皆、「難しいから」とか言って、やらんもんなあ‥‥。時間の有無以前に、敬遠したり、嫌がったりするでしょ。時間があっても、プログラムは覚えない人が圧倒的多数だもんね。

 

う〜ん。絶対に必要なんだけどネ。内部には。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM