40年前のシロモノ

私のプラモデルキットのストックは、それなりに多く、マニアの方には及びませんが、一般人的ものさしだと「いっぱい持ってる」ほうでしょう。

そんなストックの中には、40年近く前のキットも含まれます。10代〜30代前半のワカモノからすると、「生まれる前に製造された製品」ですわな。

私が20代の頃に「うわ、懐かし!」と中古キットを買って、それがそのまま、私が40代になってもストックされているので、40年のプチ歴史を刻んだわけです。買ったのは、今はなき、三鷹のナカマ模型。(荻窪は今でも健在ですね。どうか末永く、営業を続けていただきたいものです。)



なんか、ボケボケですが、モノは「レベルの1/32、Bf110夜戦型」です。ちらっと見える箱絵からも解るように、リヒテンシュタインを装備した、人気のアノ型です。

デカールは、この通り、無惨な事に。




別に画面効果で雰囲気を出すために汚しを入れてるんじゃなくて、単純にカビてるんです。このデカールはもうダメです。40年前のデカールが使える事のほうが珍しいので、しょうがないですネ。

スキャンしてデカールを作り直すか、手描きでマーキングするしかありません。プリンタで作るデカールは性能に限界があるので、1/32のビッグスケールだし、ルーペで覗き込んで手描きでマーキングした方が味も出て良いかも‥‥です。

フィギュアはこの通り。



このサイズで見ると、普通に見れちゃうかも知れませんけど、結構、溶けてます。ハチミツを頭から全身にかぶった月亭方正さんみたい‥‥ですね‥‥。

これは経年で溶けたんじゃなくて、もともとの製品レベルがこのくらい‥‥なのです。下手すると、金型原形は、私と同い年くらいかも知れないですからネ。リヒテンシュタインのアンテナ描写も相当キビしいものがあって、1/72をそのままデカくしたような細密度なので、目立つ部分だけでも真鍮線やパイプで組み直したほうが良いかも知れません。

でもまあ、今のところ、Bf-110の出てくる企画もないので、のんびり作っております。出来上がったら、さぞ大きくて、迫力がある事でしょう。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM