指を動かす

「エレキ」の話題を書いたこともあり、ほぼ1年くらいぶりにギターの弦を張り替えがてらちょっと弾いてみたんですけど、自分の左手が掘りたての大和芋のように感じられて、まるで別人の手のようにもどかしい感覚でした。‥‥まあ、数分弾いたら、指の関節の強張りは多少は解れたんですけど、指は第二の脳とも言われるらしいですから、もうちょっと指を動かさんとダメですネ。

 

 

Apple Pencilをどんなに毎日使っていても、指のフォームは一緒。指をそれぞれ別々に動かすようなことはしません。絵を描くことと、指を動かすことは、全く別のジャンルですネ。

 

実際のところ、絵描きも映像制作も、身体の能力というよりは、頭の中の能力を使う仕事です。ゆえに、体がどんなに錆びついても頭さえクッキリハッキリ動いていれば‥‥と考えがちですが、身体のサビつきは脳の処理能力まで道連れに劣化させるように実感します。

 

最近まで3本の仕事が重なりまくって、ジムに行けなかったこともあり、体の怠けに引きずられて、脳の思考までパッとしない感触があります。まあ、ジムはジムとして(お金がもったいないし)再開するとして、指のサビつきを何とかせねば。

 

軟骨的なもの、グルコサミン的なものが足りないのかな。‥‥というのは、ほどほどにして、何よりも、指を動かすことです。

 

なので、練習曲。

 

何でもいいから、指を動かす練習曲を作って、それを弾けば、相当、指はほぐれます。

 

なので、作りました。単旋律の、本当に指を動かすためだけのを。

 

*Logicのデフォルトでは、フラット5thが、Dシャープ(シャープ4th)の記譜になるので、異名同音機能で直してあります。例え同じ音でも、シャープ4thとフラット5thでは意味が違っちゃいますもんネ。ブルーススケールでなければ、5thへの導音としてのシャープ4thは理にかなっていますしネ。

 

 

Logicで作った上図スコアをそのまま音源で鳴らしたのは、以下です。あくまで打ち込みなので、ギターのニュアンスとは程遠いですが、演奏の目安にはなります。

 

>スコアをLogicの音源で鳴らしたMP3(半音ずつポジションを上げて「Am>A#m>Bm」となっています。)

 

 

あんまり自分でハードルを上げ過ぎて弾けないんじゃしょうがないので、このくらいで。

 

前半は、ブルース・ロックスケールのリッチーとかが弾いてたようなスケール練習、後半は、イングヴェイが広めた典型的な分散和音フレーズです。

 

Logicには、スコアに関する機能も豊富みたいで、指記号(i, m, a, cは、それぞれ、人指、中、薬、小の指です。)やスライド記号なども使ってみました。

*普通、左手は指番号(1,2,3,4)みたいなのですが、クラシックギターと違ってエレキギターは親指も結構使うので、右手の指記号(英字)を使っています。番号だと、親指は0になるのかな? ‥‥記憶が曖昧です。フレットの番号とも混同しやすいので、「imac」を使ってますが、クラシック畑の人が見ると、逆に混乱するのかな‥‥。最近、市販のタブ譜とか買わないし見ないからな〜。

 

前半はいかにも指慣らしですが、後半は若い頃の俊敏さ(ジジくさい言い回しでイヤだね)が蘇らないと、ちょっと苦しいフレーズになっています。テンポ120で、正確に粒立ち良く弾くには、相応の「リハビリ」が必要です。

 

 

 

指が高速に動作するマニピュレータのようにキビキビと動いてこそ、脳の巡りも良くなる‥‥と感じます。

 

「うへえ、もう疲れた、だめだぁ‥‥」と溶けたままの生活では、先が思いやられると自分を省みて痛感します。どろどろと寝て起きて‥‥では、能率上がんないもんなー。軽いセルフネグレクトです。

 

ギターやピアノを弾けば、指を動かさないわけがないので、趣味の時間をちゃんと作って、本業と共に生き続けていきたいものです。

 

 

 

ギターもピアノも楽しいですヨ。ピアノなら簡単なメヌエット、ギターならスモークオンザウォーターを弾けるだけでも、嬉しいものです。

 

 

頭の柔軟運動‥‥という目的で、かつ、音楽的な楽曲を(=いかにも練習曲じゃないやつ)‥‥というのであれば、例えばピアノだったら、左手伴奏、右手旋律‥‥というよりも、バッハのような多声楽の鍵盤曲のほうが適しているでしょう。ラモーも良い(=例えば「ソローニュの痴れ者」の主題とか)ですネ。バッハやラモーのほとんどの曲は4オクターブあれば弾けるので、カシオトーンの安いやつでも弾けます。49鍵で7千円‥‥とか、スゴい時代ですネ。

 

ギターの場合は、コードをかき鳴らすよりは、嫌でも指を動かし続けるようなのが適してそうです。同じくバッハだったら無伴奏チェロ組曲をギターで弾いてみるとか、ブレッカーブラザーズのSome Skunk FunkとかRocksの主旋律とか。

 

でもまあ、ごたごた言ってないで、とにかく弾かなきゃネ。指を動かさないのが、一番マズい。

 

そういえば、無伴奏チェロ組曲をエレキギターで弾くためのTAB譜起こしをしたまま、10年くらいすっかり忘れていました。人間の一生って、やってみたいこと、やらなければならないこと、やったけど途中で止まっているものなど、いろいろ抱えながら生きて、そしてどこかでいつか死ぬんでしょうね。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM