パスポート10年。

パスポートに2種類あるのを、最近まで知りませんでした。

 

日本のパスポートは、日の丸の赤をテーマにして、赤いパスポートだけだと思ってました。「5年は青で、10年が赤」と言われて、今さらながら気がつく次第。

 

なので、期限が曖昧な場合は、パスポートの表紙の色を思い出せば、大まかに期限切れか否かが判断できる‥‥みたいですよ。

 

私は生涯今まで、パスポートを使ったのは3回だけです。なので、ほとんど何も知識がなくて、前回使った日時も忘れて、てっきり期限が切れていると思ってたら、2024年までは使えるみたいで「面倒な手間と出費」がなくてちょっと安心しました。

 

思い起こせば、赤以外のパスポートを持ったことがないので、結局は10年パスポートしか持ったことがなかった‥‥のですネ。手続きに必要な金額の差額が、5年と10年で2倍になることはなく、割安なので、赤い10年パスポートをたまたま毎回取得したんでしょう。

 

 

昔よりは面倒や手続き時間が減ったとは聞きますが、戸籍の書類が必要だったり、管轄の都府県別の窓口に出向いたり、写真を自前で用意したり、意外に申請手続きと取得に1万円(12000円と16000円くらいだったはず)以上かかったりと、やっぱり段取りは面倒です。

 

ちなみに私は、記載の顔写真を、自前で無地のふすまの前で三脚を立てて自撮りして、高画質光沢紙に印刷して提出しました。実寸の寸法が規格を満たせば良い‥‥との事なので。

 

照明が窓外の自然光のみでクオリティにやや難があったのですが、Photoshopで光量不足を補ってレタッチしてプリントしたので、なんとか受理されました。「顔の寸法は頭頂からあごまで32mm〜36mm」との規格をキッチリPhotoshopで合わせて印刷したものの、「イマイチ、写りが悪い(=不鮮明)」みたいな小言は窓口で言われましたけどネ‥‥。今度申請するときは大人しく専用のソリューション(写真を撮るボックスとか)で処理しよう‥‥。

 

 

どうせパスポートがあるのだから、プライベートで使ってみたいとは思うものの、海外旅行をする時間など今はないですし、まずなによりも言葉の壁をブチ破る度胸がないです。行ってみたい国や都市や街や村はいっぱいあるんですけどネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM