コンピュータ

どんなに高いコンピュータでも、「実用で一生もの」というのはありませんよネ。木製の机とは違います。

 

今日発売されたAppleの製品群も、買い替えの周期をちゃんと計画して買うのが肝です。もし業務で使うのなら、払った分の機材設備費を、ソレナリにちゃんと高い仕事をして、回収可能かどうかも考えておくのが、コンピュータと付き合い続ける秘訣(?)です。

 

清水の舞台から飛び降りて、そのまま帰ってこなくなった‥‥では、なんとも。

 

 

ちなみに、ビンテージ目的では死ぬまで持っておきたいマシンはあります。何十年も経過したコンピュータは、色々な故障パーツがでてくるでしょうから、未来にちゃんと起動するかはナゾですけどネ。

 

*このタイプのMacは捨てられないんですよねえ‥‥‥。私はPlusとSEとSE30を持っています。もちろん現役ではなく、倉庫で眠ってますけどネ。Plusは箱付きの中古完備品で、今から20年前に2万円で買いました。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM