新型iPad Pro

7コア GPUに、8コア CPU?

 

リキッドレティーナ? 1TBストレージ?

 

うわあ‥‥。何だか高そう。絶対に高い。

 

既に注文受付中ですが、最大の1TBですと、税込で20万円越え。ぐえっぷ‥‥。

 

私は第2世代の512GBモデルを所有していますし、初代は256GBですが、両方とも容量を使い切っていないので、買うとすれば、256GBモデルかな‥‥。512GBでもたっぷりと容量を持て余しているくらいなので(=絵を描く業務では)、たとえ容量が足りなくなるようなことがあっても、Air Dropで簡単に外部のMacにデータを逃がせます。

 

例えばProcreateはフォルダまるごとAir Dropで転送できますから、整頓がてら外部のバックアップディスクに追い出せば、よほど何もかも詰め込んで使いまくるようなことでもなければ、256〜512GBで十分だと感じます。

 

 

新しいApple Pencilはいいすネ。マグネットでiPadにくっついて充電、ジェスチャーにも対応。これは便利そうです。

 

アドビの人が今日のAppleのイベントでデモしていましたが、ものすごいレイヤー数でもPhotoshopがサクッと動作していたのは、印象的でした。「AR」というAppにPhotoshopのレイヤーを配置していたのも、実用のほどはともかく、楽しそうな内容でした。After Effectsの3Dレイヤーみたいに、書割ですけどネ。

 

 

ちなみに、大更新したMac mini。

 

iMac 5Kと同等もしくは凌駕する内容で、おいくらになるのか、試しにカートに入れて見てみたら、

 

¥375,800 (税別)

1TB SSD、64GBメモリ、i7 6コア、10Gbps Ethernet

 

ふええええええ。名前はミニでも、お値段はビッグ。これは中々買えんです。64GBのメモリにするのに、プラス15万円はキツい。

 

ちなみに、iMac 5Kは1Gbpsのネットワークで、Thunderboltは1系統(2つ口)なので、40万円のMac miniの方がちょいと高性能ですネ。まあ、値段も相当ですけどネ。

 

iMac 5Kの最上位機種と同じような内容にすれば、税抜き28万円くらいでした。

 

 

 

税込40万円の業務用Mac mini。

 

iMac Proの80万円はキビシイ、ディスプレイはいらないから、半額くらいのを出してチョ。‥‥というオーダーに応えたのかな。でもまあ、40万円もしちゃったら、Macの「mini」とはもう言えないですネ。

 

 

 

最近、お値段で強気な製品をどんどん繰り出してくるApple。

 

Mac miniも、iPhone Xs Maxも、iPad Proも、10万円代はあたりまえ‥‥って感じですネ。

 

iPad Proの新型は仕事に直結する「お金を生み出す道具」でもあるので、早々に買うと思います。わたし的に、値段と性能と活用目的で一致しているのは、iPad Proの12.9インチの256GBモデルかなあ‥‥。

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM