悟るだけではどうにもならぬ

悟るだけなら、ぶっちゃけ、生きてれば誰でもできます。悟りを蓄積して、自分の能力が高まったと誤認することもありましょう。いわゆる「その場に居合わせただけで、できる気分になった」という「耳年増」の典型です。

 

要は、悟りを蓄積した後に、「理」のフェイズに進み、自ら実践して再構築・体系化に取り組まなければ、悟りは悟りでしかなく、自身の能力向上にはほとんど結びつかない‥‥と、最近は熟思います。

 

誰かが実践している様子を見て、自分もできるようになったと錯覚するのは、何とも愚かしいものです。他人が毎日何枚何十枚も絵を描いて苦闘している様子を見て、「なるほど、絵を毎日描いて格闘するとはこういうものか」と悟ったところで、当人の画力は全く向上していません。

 

悟るだけではどうにもなりません。むしろ、悟ったと思うことで思考や分析力が固定化され、以前の自分より劣化していくことだってあり得ましょう。

 

昔の哲学者たちが、ある意味、悟りに対して攻撃的になったのも、なるほど、今では頷けます。

 

以上のことから、「理解」という言葉は相当重いです。簡単に「理解」なんていう言葉は使えないです。‥‥まあ、口をついてポンと出がちな言葉ではありますけどネ。

 

感性、悟性、理性。‥‥若い20代ならともかく、40代以降になったのなら、その3つの性質は毎日噛み締めて生きて行きたいと思います。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM