999の35mmフィルム上映

銀河鉄道999の2本立てが、35mmフィルムで1週間限定で目黒シネマで上映されるとのことです。

 

https://twitter.com/megurocinema/status/1035134398679539713

 

Rec.709の狭い色域のブルーレイとは違う、35mmフィルムの上映ですから、「違いの判る大人」は見にいきましょう。懐かしさも含めてネ。

 

 

他人のことはわからないので、自分のことだけで思い起こしますが、考えてみれば、私のアニメーションへの執着・執念は、映画の999から始まったのだと思います。

 

もちろん、マジンガーZやキューティハニーなど私が小学1年生の頃にみたテレビアニメにも大きな影響を受けてはいますが、明確に「テレビマンガ」から「アニメ」「アニメーション」を意識したのは、私が小学6年生の時に観た映画の999からです。

 

当時のアニメ雑誌がもたらした情報の影響も大きく、りんたろうさんの絵コンテをはじめ、制作内部の中間素材(キャラ設定や色見本や美術ボードなど)を記事で紹介していました。私が初めて買ったアニメ雑誌は、アニメージュの1979年7月号で、映画の999を特集した記事が載っていました。

 

そもそもテレビではなく劇場のフィルム上映によって、「まんがまつり」ではない「作品としてのアニメ」を見ることも、私の中での大きな変化でした。

 

アニメーションは色のついた絵で画面が満たされ、音とともに上映されるものですが、アニメーターの作画技術が作品の大きな要素となっていることは、小学生の私にも理解できました。当時のアニメ雑誌も、荒木伸吾さんや安彦良和さんの特集を組んでおり、アニメ好きの同級生も同様にアニメーターに注目したものです。

 

一方で、映画館で観た映像の美しさは何によるのものか、線画が原点になっているのは判るとしても、線画だけでは成し得ない要素が数多く存在することも、子供ながらに何となく意識していました。背景美術、セルの色彩設計、そして撮影技術。

 

アニメ雑誌やムック本でたまに紹介されていたアニメ撮影台の技術に、私は中学生になった頃から興味を抱き始めました。中学2年生の頃に「さよなら銀河鉄道999」が劇場公開されましたが、その頃は作画と撮影の両方に注目して鑑賞していました。‥‥情報の影響はデカいものですネ。

 

「さよなら銀河鉄道999」は撮影技術が目に飛び込む映像で盛りだくさんですが、例えば、ラーメタル星で鉄朗をパルチザンが助けるシーンでの崖上に並ぶパルチザンたちのカットの撮影は、今見ても奇跡的な光学操作のなせる技です。

 

なんだかね‥‥、こうして改めて記述してみると、今の自分の立ち位置は、子供の頃に確定していたとも思えます。

 

 

 

35mmフィルム上映の銀河鉄道999の2本立て。

 

当時を知る人も、知らない人も、Rec.709が映像の全てではないことを改めて認識するためにも、ぜひご鑑賞ください。

 

sRGBやRec.709の抜けの悪い緑にずっと騙され続けてきた20年からようやく解放される今、映画館で35mmフィルムのアニメを改めて自分の目で確かめて観るのも、良い「区切り」だと思ってます。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM