ESTKのスクリプトをAppleScriptに埋め込む

前々回のブログで、せっかく、それなりに高速処理のリネームスクリプトができたので、ESTKエディタからの実行だけでなく、AppleScriptでGUIをくっつけて、気軽にドラッグ&ドロップでも処理できるようにしました。

 

アプレットでもドロップレットでも動作するように、「on open」と「on run」を併用しています。

 

macOSのアプリケーションフォルダにある「スクリプトエディタ」を起動して、おもむろにAppleScriptとESTKの合体コードを作ります。

 

 

property defaultItem : false

 

on open theItems

    my main(theItems)

end open

 

on run

    tell application "Finder" to if defaultItem is false or not (defaultItem exists) then set defaultItem to home as alias

    set res to choose folder with prompt "処理するフォルダを選択してください." default location defaultItem with multiple selections allowed

    tell application "Finder" to set defaultItem to (parent of (item 1 of res)) as alias

    my main(res)

end run

 

to main(_folders)

    set errorText to {"フォルダ指定が不正です", "フォルダが空です"}

    set errorLog to ""

    repeat with _folder in _folders

        set res to my runAdobeScript(_folder as Unicode text)

        activate

        if res as integer > 0 then

            tell application "Finder" to set folderName to name of _folder

            set errorLog to errorLog & folderName & tab & res & tab & (item (res as integer) of errorText) & return

        end if

    end repeat

    activate

    if errorLog is "" then

        display dialog "処理が正常に終了しました" with icon 1

    else

        display dialog "エラーが発生しました

下記のエラーログを確認してください" with icon caution default answer errorLog

    end if

end main

 

to runAdobeScript(folder_path)

    tell application "Adobe After Effects CC 2018"

        DoScript "app.exitCode=0;

_1801_RENAME_RE=new RegExp('[_-]*[0-9]+¥¥.[A-Za-z0-9]{2,}');

app.exitCode=main();

 

function main(){

    var theFolder=new Folder('" & folder_path & "');

    if(!theFolder){return 1;}

    var theFiles=theFolder.getFiles();

    if(theFiles.length<1){return 2;}

    for(var i=0;i<theFiles.length;i++){

        var reMatch=theFiles[i].name.match(_1801_RENAME_RE);

        if(reMatch&&theFiles[i].name.match(/^[A-Za-z0-9]/)){

            theFiles[i].rename(theFolder.name+String(reMatch));

        }

    }

    return 0;

}"

    end tell

end runAdobeScript

*前回のバックスラッシュの文字化けを防止するために、ARIELフォントにしてみました。‥‥けど、やっぱり、¥になっちゃった。

*このスクリプトのコードはサンプルです。実際に使用する際は、自己責任でお願いします。

*あ‥‥そういえば、パスに日本語(2バイト文字)が混ざっている場合の処理は盛り込まれていないです。忘れてました。なので、その辺はよしなに。

 

書いたら、アプリケーション形式で保存すれば、ドラッグ&ドロップで動作する、小さなアプリケーションみたいなのが出来上がります。

 

 

 

実際に動作している映像はこちら。毎度のGIFアニメですまんす。

 

 

 

フォルダの名前で、内包するファイルの名前をリネームしている様子が、小さくて見にくいですが、なんとか伝わると思います。

 

合計500ファイル以上あるリネームを瞬時に処理します。フォルダを複数処理すると、ウィンドウの更新に時間がかかるようですが、それでも数秒の処理です。

 

 

‥‥で。

 

ここまで作ってなんですが、「この方法はないな‥‥」と思いました。

 

ESTKのエディタからであれば、実行ボタンで処理を実行できます。しかし、ESTKエディタではなく、AppleScriptからですと、なんらかの「ホストアプリケーション」〜つまり、実行する環境が必要になります。

 

なので、上述のAppleScriptのコード文では「After Effects」を呼び出していますが‥‥

 

そりゃないでしょ。

 

After Effectsの機能は全く使わず、リネームの実行環境としてのみ使うためにAfter Effectsを起動するなんて、スーパーへ買い物に行くのにヘリコプターを飛ばすようなもんです。段取りが大袈裟すぎます。

 

 

まあ、なので、結論としては、

 

ESTKのスクリプトはjsxで保存して、After EffectsやPhotoshopを起動している時に、メニューから呼び出す

 

‥‥のが、使い方の基本ですかね。やっぱり。

 

リネームのため「だけ」に、PhotoshopやAfter Effectsを起動するのは‥‥さすがに、ないわ。

 

 

 

まあでも、せっかく作ったので、なんかあった時に使ってみるかも、です。

 

どうせ、After EffectsやPhotoshopは起動しっぱなしだし。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM