バンダーブック

私が小学生の頃、1979年の夏、友だち数人で高田馬場にある「手塚プロ」に、「アポ無し見学」を慣行した事があります。アニメ雑誌が出版されるようになって、住所とかを頼りに、今考えれば無謀な見学を、男児数人が決行したわけです。

夏休みの時期ではありましたが、世間的には普通の日。妙に早い時間に待ち合わせしたのが裏目に出て、通勤ラッシュのど真ん中にブチあたり、赤羽線と山手線を乗り継いで、高田馬場へと小学生たちが降り立ったのでした。

手塚プロの前に着くと、みな怖じ気づいてしまい、「誰が先にいく?」とかしょうもない事でモメてました。結果、一番度胸のあるアベチャンが先陣を切り、階段を上がっていき、

「スイマセーン! 見学させてくださーい!」

と廊下で叫びました。

みな、小猿のようにキャッキャとドキドキしながら待っていると、オジさんが出てきて、「今日はあいにく、見学できない日なんだよ。xx曜日に来ると見学できるよ。でもせっかく来てくれたから、これをあげよう。」と言って、一旦戻って、「バンダーブック」(1978年テレビ放映)のセルを持ってきて、子供たちに1枚ずつくれたのでした。

オジサンがくれたのは、主人公「バンダー」の描かれたセルでした。もらった小学生各自の、その後の対応はさまざまで、奇麗に保管する子供もいれば、しきりに手にとって見る子供もおり(=これが私)、中にはプラモデルのカラーで横に模写する子もいたり‥‥と。

見学の段取りの「情報」など全く知らず、アポなしで制作会社を尋ねる子供たち。門前払いせずに、逆に子供たちにプレゼントをくれるオジさん。

‥‥ええ時代だったね。

アニメは好きですよ。子供時代の楽しくて幸福なアニメの思い出も多いですからネ。

ちなみに、セルがコレクターアイテムとして認識され、「セル泥棒」などの犯罪が発生し始めるのは、これから3年後くらい、「アニメキャラ人気」がアイドル的な様相を呈するようになってから‥‥です。「うる星やつら」あたりは、その被害の的だったようです。壁に穴をあけて未使用のセルを強奪するトンデモな犯罪もあった‥‥とは被害関係筋から聞いた話です。

これから未来。様式を受け継ぐ人、精神を受け継ぐ人、色々あって良いんじゃないですかネ。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM