タミヤ新製品

タミヤから近々、(わたし的に)気になる新製品が発売されます。

 

まずは1/48のイージーエイト

 

 

タミヤの1/48は履帯(キャタピラね)も分割組み立て式の硬質プラなので、仕上がりがカッコ良いです。ゴムキャラピラはさ、何をいっても、ビミョーンと伸びるから、やっぱり金属の造形表現にはイマイチなんですよネ。できれば、1/35シリーズも48みたいに分割方式にしてほしいくらいです。‥‥でも、1ピースずつ作るのはちょっとやり過ぎですけどネ。(=実は、ドラゴンの1/35はそれが原因で組み立て作業が十何年も停滞しています‥‥)

 

履帯に限らず、全体的な仕上がりも、写真をみるだに、きっと良いでしょう。タミヤが新作でハズすことって、近年全く記憶がないですしネ。

 

その次は、F-14

 

 

 

1/48です。D型です。

 

いまどき、F-14のしかもD型を、完全新設計で発売してくれるなんて、なんて嬉しいことか。去年(だったっけ?)にA型を出して終わり‥‥かと思っていましたが、D型も出してくれるのは、感謝の極みです。

 

F-14AとDの大きな外見上の違いは、「くちびる」、アサリやハマグリの水管のようなベロみたいな機首下部の装置です。

 

*こちらもタミヤのF-14。しかしA型なので、機種の下にベロがなく、スッキリしています。

 

 

どうせ、「人気機種のゼロ戦」くらいしか売れないから‥‥みたいな、あきらめムードの飛行機モデルの昨今に、F-14Dを現代技術で発売してくれるのは、「でもまあ、F-14も人気機種だけどな」と思いながらも、素直に喜ぶことにします。

 

最近のタミヤは、飛燕もそうですが、人気機種を扱いつつも、ゼロ戦一辺倒ではないのが嬉しいです。

 

 

ちなみに、私が好きな米海軍機は、A-4,5,6,7の攻撃機ファミリーです。どれもキット化されていますが、どれも金型が古いです。特に、A-5に至っては、手に入れること自体が難しいです。

 

しかし、最近シリーズが始まった「エアファイターコレクション」では、往年の「キット化される見込みのない」戦後ジェット機を、1/100とはいえどんどんリリースするので、そっちも楽しみです。

*アマゾンだと、発売後のバックナンバーがどんどんプレミア価格になってしまいますネ。忘れずにチェックして予約を入れるか、定期購読でもしないと、手に入れづらいかも知れません。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM