OMEN

オーメン‥‥と聞くと私の世代は恐怖映画を思い出すのですが、今回のオーメンはギター。

 

*Amazon・イケベ楽器店の写真より。

 

最近、特価でシェクターのOMEN Extremeを買いました。相変わらず、高いギターは買わない私なので、「エントリークラス」のギターです。通常の売価は4万円台ですが、1万円引きで35000円税込‥‥くらいだったように思います。

 

色は写真のようなワインレッドではなく、明るい色調のサンバーストです。

 

一番外側のトーンボリュームをプル状態にするとシングルコイルに切り替えられるので、サンバーストの色調とあいまって、それこそジャズからメタルまで、様々な音楽に対応できます。

 

製造はシンガポールですが、背面のカバーのステッカーには、一旦カルフォルニアに戻して調整しているような表記も見られました。

 

質は良いです。このあたりのエントリーギターの品質は、ものすごく「みずもの」で各社各モデルで大きく揺れますが、シェクターのこのオーメンエクストリームは、「当たり」の類いと感じました。

 

ダメなギターだと、ネックを持った瞬間にわかる‥‥といいますか、掴んだ時のしっくり感や、目に飛び込むロー&ハイフレットの弦高の感じとか、フレットの加工処理とかで、安物感がわかっちゃうんですよネ。‥‥エントリーギターを買って、安物か否かを問うのも妙な話ですが、安物は安物なりに上下があるのです。安物の中でもダメなヤツは、持って判る「雑さ」をギター自体が放っています。

 

ギターって、材質とかピックアップとか言う前に、基本的な工作精度〜調整で、サスティン=音の伸びが変わるんですよネ。ブリッジやネックのコンディションがまずい〜例えばネックが反っていたりすると、弦高が低ければローフレットで弦がフレットに干渉してサスティンを打ち消しますし、だからと言って弦高を高くすると、今度はローとハイのフレットポジションであまりにも弾き心地に差が出てしまいます。

 

ジャズやロックの速いパッセージを指が触れる程度の軽く浅いタッチで弾きたいのなら、ロー・ミッド・ハイフレットすべてのポジションで「サスティンを得つつ、できるだけ弦高を低く」するコンディションが必要ですが、安いギターはそれが根本的に「安さゆえの工作工程の品質」ゆえに、中々難しいです。やっぱりね‥‥ギターも「人が作るもの」ですからネ。

 

加えて、ギターはピックアップやブリッジやペグが金属とはいえ、大部分が木材です。つまり、気候・部屋の環境によって、思いの外、コンディションが上下左右します。ネックの反りを修正する‥‥と言っても、頻繁にネック調整をするような小まめな人でもない限り、簡単には思うような調整はできません。リペアが趣味です!‥‥というような人でもない限り。

 

つまり、最初からコンディションの振れ幅が少ない個体を選ぶのが、良いのです。

 

で、これがまた、2万円前後の半端な金額のギターだと、振れ幅が大きいのです。値段は品質の証‥‥というわけです。2万円のギターを買うくらいなら、いっそ6千円のギターか(プレイテックとかネ)、4万円前後のエントリークラスにした方が良い‥‥みたいです。少なくとも私は、そんな印象をもってます。

 

1万円台後半と、3万円台後半とでは、ひとくちにエントリーモデル(初心者モデル)のカテゴリーでも、かなり大きな差があるようです。

 

 

昔は、3万円代のギターというと、安物も安物‥‥だったんですが、今は、エントリーというよりは中堅クラスと呼ぶに相当する品質の製品も多いです。3〜6万円のギターで「うわ!外した!」という経験が最近思い出せないほどです。1〜2万円だと結構外すことも多いですけど。

 

ちなみに、プレイテックのストラトは6,980円の衝撃価格ですが、お値段以上です。もちろん、色々とコスト削減を感じる部分はありますが、どっちつかずで1万数千円のギターを買うより、納得できます。

 

 

ただし、プレイテックのギターは生産時期やモデルによって、大きく品質が変わるのは悩ましいところです。私はストラトを2本買って、個体に差はあるもののどれもハズレではなかったのでストラトは勧められますが、テレキャスはアカンかった‥‥です。値段が安いのは品質安定保証にも影響あり‥‥と悟って、運だめしするしかないです。

 

 

最近買ったシェクターのオーメンは、初めてシェクターでもあり、エントリーモデルでもあり‥‥で、賭け・運だめしだったのですが、めっちゃ好印象です。あくまで私の好みではありますが、ストラト変形系なら、イバニーズより好きかも‥‥です。ちなみに、私がイバニーズで愛用しているのは、お馴染みのRGではなくセミアコだったりします。

 

*私が所有するのは、普通の木目のおとなしいヤツです。

 

 

オーメンがとても良かったので、いつか、10万円前後のもうちょっと高いシェクターを買ってみたい‥‥と思うようになりました。3万円台のオーメンでこれほど良いのなら‥‥と。

 

 

 

でもねえ‥‥。ギターって、結局、道具で消耗品なので、長く使おうとすると、相当、維持費がかかるんですよネ。フレットはあからさまに消耗部品ですが、フレットの交換・打ち替えって、個人ではまず無理ですし、信頼できるショップに頼むとそれ相応のお金がかかります。

 

趣味趣向のジャンルは、それが映像だろうと、音だろうと、アマチュアだろうと、プロフェッショナルだろうと、お金がかかる‥‥っていうことですネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM