メカニズムがあってこそ

「飯がマズい!!!」‥‥と、どんなに叫んでも、残念ながら、料理は自動では美味しくなりません。「なぜ、この飯がマズいのか」をどんなにあらゆる方向から分析しても、やっぱり、料理は自動では美味しくなりません。

 

ツイッターで繰り広げられているのは、まさにそれ。どんなに的を得たツイートでも、言うだけでは状況は進展しません。

 

状況が実際に進展するのは、実践のメカニズムが存在し正常に機能していればこそ、です。

 

PDCAだ、OODAだと、どんなに自己啓発的に発起して行動しても、全体の状況変化のメカニズムを有していなければ、ただの「気分」だけに終息します。ライダーが走る気満々でも、バイクのエンジンが止まったままでは、1mだって前進しませんよネ。‥‥それとも、ヤケクソになって、バイクを人力で押して走る?

 

口でものを言って、頭の中で考えた後は、実行しなきゃ。

 

ツイッターやブログは、「言ってやった」と、プチ達成感を得やすい性質があり、何かしら行動した錯覚を得ますが、残念ながら、言葉を放っただけで人や状況が変わるのなら、世界はこんな様相ではないです。もしツイッターで発言することで、人々が善き方向に進めるのなら、それは有史以来の快挙です。‥‥まあ、過度な期待なのです。

 

私もこうしてブログを書きますが、あくまで累積戦略の1つです。順次戦略にはなり得ないことは重々承知しています。累積と順次には、それぞれの役割があって、混同すべきものではないです。

 

順次戦略は、ちゃんと「順次」に事が進展するように、メカニズムをあれこれ作り出して、実践しています。頭で考え、口で言った後は、体を動かせば良いだけ‥‥です。

 

ツイッターでみかけた図

 

 

 

わかりやすい図ですネ。

 

今から10年以上前、当時同じ危機感を持つ同志と「新しいアニメーション技術」を模索し始めた頃は、まさに図で指す20〜30%の「やりかたがわからない」「できたらいいのに」のレベルでした。

 

そしてこれまた図の通りに、40〜80%と段階を登って行って、今は「できる」「やっている」の段階です。図でいうと、80〜90%なんだね。

 

ですから、「やらない」「できるわけない」なんて今でも愚痴ってイジけている人は、この先、長い‥‥スよ。

 

「やらない」「できるわけない」なんて言ってる人は、もう山を登るのやめて隠居するか、考え方を変えて歩き始めるか‥‥です。もしくはどこかの誰かによってケーブルカーが敷設されるのを待つ手もありますが、その時はもう山頂は人々でごったがえして「レッドオーシャン」ならぬ「レッドマウンテン」〜火の山‥‥でしょうネ。かつて、未踏の山頂を制覇した人々は、さらなる銀嶺を登りはじめていることでしょう。

 

山を登っていくメカニズムはまさに自分たちで作るメカニズムです。待つだけでは何も始まらないです。口で言うだけで、行動しなければ、メカニズムなんて生まれる兆しすら見えないです。

 

 

 

では、どうすれば、メカニズムを作り出せるのか。

 

これは中々難しい題目です。なにせ、既存の強固な制作メカニズムが、これまた強固な作業慣習によって防御されていますから、新しい改善のメカニズムを導入するのは困難がつきまとうでしょう。

 

改善できそうな部分から徐々に取り壊して、断片的に再構築していくか。

 

もしくはゼロから再設計して新時代の現場を形成するか。

 

 

まあ、どちらにせよ、言葉から実行へ‥‥と何らかの「実践メカニズム」を導入しなければ、状況は変化せず、世間話の域どまりです。

 

私は、作業フロア自体を、実践を後押しする環境に仕立てようと思います。分業化して外注化した現場では、高サイクルなエラーリトライのループは実践不可能でしょう。小規模であっても、いわゆる「海兵隊」のような「陸海空」を内包した現場こそ、フィードバックが迅速かつ成長速度も速い、新しい世代・時代の技術体系を形成できると確信しています。これはもう、経験上からひしひしとネ。

 

アニメを未来も作り続けたい? ‥‥だったら、その願いを叶える、相応のメカニズムが必要です。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM