つぶし表

最近は、絵の内容が格段に細かくなって1カットを上げるのに時間がかかるようになったので、少ないカット数で引き受けがちです。20カット未満‥‥とかザラです。昔は30カットだと少ない方で、50カットくらいは1回の仕事で引き受けたもの‥‥ですが、昔は昔、今は今です。昔話をしてもしょーがない。‥‥つーか、私の先輩の世代は、半パートひとり、1話ひとり‥‥という猛烈なカット数の事例もあるので、昔話をしたらキリがないです。

 

で、引き受けたカット数が少ないから‥‥と油断してると、カットの把握が曖昧になり、思わぬ自損事故を引き起こします。私は最近、引き受けた範囲外のカットを作業してしまって、何の役にも立たない時間を浪費してしまってアホそのものでした。バカー。

 

ならば、潰し表。

 

昔はタイムシートの動画記入部分を切り取って、カットナンバーを書き、1カット上がるごとに塗りつぶしたものでした。今も変わらず、作画机に貼り付けてやってるのか、作画ブースからもう何年も離れたままなのでわかりません。

 

2018年の今ならエクセルかナンバーズかグーグルスプレッドシートです。集計が自動でできますから、楽です。

 

まさか、2018年の今になって、エクセルを「作表ソフト」として使っている時代遅れの人はいまい? 昔は結構いたけど。‥‥流石に2018年現在なら、表計算は自動で集計してナンボ‥‥という認識は浸透してます‥‥よね?

 

エクセルは「表ソフト」ではなく、「表計算ソフト」ですからネ。セルに書き込んだ様々な情報を自動集計するためのソフトであって、表の枠を作るソフトじゃないことは、大前提の認識です。

*一応「注)」ですが、「セル」とは表の1マスを指す用語です。アニメでも「セル」が出てくるので紛らわしいですネ。

 

自分の担当するカットの潰し表ごとき、表計算ソフトがあれば楽勝。

 

表計算でやりたいのは、

 

  • 作業が上がってセルに書き込むと、自動で上がりカット数と達成率のパーセントを集計する
  • セルに書き込むと自動でセルが塗りつぶされる

 

‥‥くらいのことです。これを実際に表計算で実践するには‥‥

 

  • COUNTIF()
  • 条件付き書式スタイル(条件付きハイライト)
  • セルの種別の設定

 

‥‥を使うくらいでしょうかネ。

 

COUNTIF()「カウントイフ」は、もしチェックボックスならばイフの条件を "=true" にすればいいですし、日付を書き込んで管理したいのなら ">0" にすれば、集計欄にカウントされます。

 

条件付きハイライト(=AppleのNumbersでの呼び名)でも同じです。要は、

 

  • チェックボックスなどの真偽値は文字列「true」で条件式を評価できる
  • 日時は整数の数値で条件式を評価できる

 

‥‥ということを覚えておけば、関数を使った自動計算をセルに組み込めます。

 

Excel、Numbers、Googleスプレッドシートも、COUNTIFなどの基本的な関数は共通しており、iPadとiMacだけの時はNumbersで良いし、インターネットで共用する場合はGoogleスプレッドシートで良いと思います。

 

ひとりで作業する規模なら、無料(とか言うのはあまり適切ではないが)で使えるNumbers、Googleスプレッドシートあたりが使いやすいです。

 

 

 

でもまあ、こうした「表計算の潰し表」は、あくまで個人が自助努力でおこなう制作進捗の管理手法です。カットの作業が上がるたびに手作業で表計算を操作する点、そして、厳格な「作業開始」「作業完了」の「関所」とはならない点で、進捗管理面から見た限界は低いです。

 

作業のイン・アウトの情報とファイル送受を結びつけた作業進捗管理のソリューションの開発は未来にはどうしても必要でしょう。ショットガンを導入しなくても、「何をするために、何が必要か」をわかっていれば、自分たちにピッタリなソリューションの自己開発は可能です。

 

今まではそうしたソリューションを、サンデープログラマー的なスタンスで部内で自己開発してきましたが、今年度からは多方面の協力を仰いで、プロダクション工程の作業進捗を見渡すソリューションを開発しています。

 

 

 

とは言え、欲しい時にパパッと「自動集計の潰し表」が作れるのも、コンピュータ活用のアドバンテージです。

 

今回は文章だけですが、近いうちにGoogleスプレッドシートでの「5分でできる簡単な潰し表の作り方」でも書いてみようと思います。いやもう、ホントに、何が難しいわけでもないので。

 

大袈裟な風呂敷を最初から広げるのではなく、身の丈の「あったら便利になった」使い方でコンピュータに馴染むのは、今も昔も変わらないですからネ。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM