私たちの未来

2020年代以降のアニメ制作事情。色々と瑣末な要素はあれど、最終的には、未来の映像技術世界に乗り込むことができる制作集団と、脱落して消えていく制作集団とで、残酷なまでに二分されていく‥‥と思っています。

 

直近の新しいフォーマットである4Kは、どんな会社が制作するにしても、困難の連続でしょう。ゆえに、4K以前の2Kの現時点で色々な問題に対応できず、ごまかしにごまかしを上塗りしたような方法で乗り切っている集団は、やがて力尽き万策尽きて、脱落するのは必至です。

 

例えば、前にも書きましたが、30fpsに対応するのに1234456788かプルダウンかフレーム合成の3択しか思いつかない時点で基礎技術力は非常に低いと言わざる得ませんし、1.5K8fpsSDRこそアニメだと信じて疑わないような人々はどうやっても未来のフォーマットには追随できません。

 

周囲がどんなに環境を準備しても、本人たちの意思が旧態依然も甚だしいのなら、豪華で大きな器にインスタントラーメンを盛り付けるがごとくです。豪華絢爛な食器でも、中に盛られているのがインスタントラーメンなのは誰でも気づきます。消費者をバカにしてはいけません。

 

業界のアニメの作り方は、映像を真に作りたい本人たちの意思とは別に、あまりにも定型単一なインスタントの道を疾走し過ぎました。新しい映像制作の可能性を脇目で見ることすらできなくなっています。

 

4K60pHDRは、プラシーボ効果でなんとかなる問題ではありません。まあ、60pは時期尚早だとしても、4Kはガチで3840・4096ピクセルですし、HDRには相応の高価なモニタと色彩を自由に操作できる技能者が必要です。思い込みや根性だけで作れるほど、4K時代は甘くないです。

 

つまり、制作母体の体力はどうしても問われましょう。

 

みんなで仲良く、指を咥えて待っていれば、何処かの誰かがケアしてくれて、新しい映像技術の世界へ連れて行ってくれる‥‥なんて都合の良すぎる未来はありません。

 

援助でどうにかなるのは、金銭的な部分だけです。援助してもどうにもならないのは、当人たちの技術力です。制作費を多めに増やしたら、みんなが超一流で先進的な技術者になれるのだったら、そんな楽なことはないですもんネ。

 

4Kフォーマットは形ばかりで、相変わらずの1.5Kのアニメを作ってアップコンで誤魔化していたら、失望されて次は無いです。

 

未来を生きていくには、本人たちも相応に変わる必要があります。

 

変わろう、新しい技術を身につけよう、新しい品質基準を築いていこう‥‥と本気で思うか否かが、当人〜制作集団〜制作会社の軸線の全てに通じているのです。

 

 

近い未来において、様々な明暗が各所で別れていくでしょう。

 

誰しも、暗い方向には進みたくないですよネ。

 

だったら、明るい方向に進むべく、自らアクションするのは当然のこと。ですネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM