現場

現状の限界を突破する時、最後は自分だけが頼りなのは言うまでもないことです。そこは誰にも甘えられません。

 

しかし、限界を突破して自分のポテンシャルを拡張する経過において、経験者や年長者がアドバイスや助言によって果たす役割も重要なファクタとなりましょう。ひとりでどんなに悩みぬいても、思考の死角は必ず存在しますからネ。

 

現在のアニメ制作工程の各現場に、そうした技術や経験の交流や継承の機会って、どれだけあるでしょうか。

 

ただ単に、個人単位で、黙々と作業をこなしてたって、決め型の作業工程の手際がよくなるだけで、映像表現力が高まるわけではないです。

 

だからって、交流会を開催したところで、単なる酒の肴どまりで、技術や思想に感じ入って体の中にじんわりと浸透することはないです。技術や思考の手ほどきは、日々徒然に何十・何百時間もかかるものです。

 

 

私は20代の頃に、作業現場で同僚や年長者の方々から、毎日、本当に色々なことを学びました。方々の中には、既に他界した人もいますが、私の中で技術や思想として生き続けています。

 

そういう繋がりって、今の現場にどれだけあるんでしょうね。

 

 

まあ、他の現場は、どのような気風であれ構いません。

 

自分らの現場を、技術や思考、経験の継承や交流の場にすれば良いのです。

 

当座の作業進行の即物的で近視眼的な視野だけでなく、先人から伝わったこと、自分が今までに得たこと、色々を伝えつつ、年少者の考えも興味深く受け入れる‥‥という知的コミューンは、未来に何かを生み出そうとする現場に形成されて然るべしです。

 

 

現場は仕事を消化する場所であると同時に、アイデアの発生エリアでもあります。

 

ゆえに、現場は大切に育てるべき‥‥だと思っています。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM