CG319X

やっと発表されましたネ。CG319X。(つーか、型番は今日知ったんですけど)

 

 

 

「いつ出るか」とヤキモキしていましたが、職場のシステムの方から「今日発表」と知らせてもらって、胸を撫で下ろしています。今年の夏、秋‥‥とかだったらどうしようかと思ってましたが、6月には出回る感じですかね。

 

ぶっちゃけ、4KでHDRで作業用モニタ‥‥‥って、選択肢が極めて少ないのですヨ。4Kテレビはあくまで家庭用テレビで、作業用モニタにはなりませんし、24インチじゃ小さいし、PQやHLGに対応となると、かなり製品数が限られます。

 

まあ、アニメ会社の作業場は、ポスプロさんの「お洒落でラグジュアリー」な空間はのぞめないものの、部屋の照明に気を使って間接照明にしたり、「お部屋のマスモニ」をちゃんと置いたりと、当人たちの意識があればできるだけのことはできるはず‥‥です。

 

アニメーターは作画のプロではあるが、映像のプロではない

撮影スタッフはアニメ撮影のプロではあるが、映像のプロではない

 

‥‥とか、どれもイヤじゃないですか。アニメーターも撮影スタッフも、映像プロフェッショナルの集合の中に居るべきと思います。少なくとも2020年代の未来においては、です。

 

ちゃんとしたモニタで映像を見る習慣を「あたりまえ」にする環境は、これから先の未来は必須でしょう。テレビでラッシュチェックして喧々囂々なんて、(何度も書きますが)揺れる小舟の上で水平の基準を得ようとするがごとくです。

 

今のアニメの現場はRec.709やsRGBでまだ済んでいますが、未来はそうはいきません。アニメの全ての現場にBT.2100とかST 2084が必要とされるのはまだ先のことかも知れませんが、今度の「リプレース」の際はテレビで誤魔化すんじゃなくて、せめてカラーマネージメント系のモニタを購入すべきでしょうネ。

 

そして、制作環境をプロ基準たらしめるシステムスタッフも、アニメ制作には重要な存在となりましょう。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM