テキストエディットを操作してみる

少人数で映像制作をしていると、手弁当で各自が適宜制作管理して‥‥なんて考えがちですが、全くのナンセンス、「やるべき事」と真逆の行動です。少人数グループは、制作進行と呼ばれる制作を管理するスタッフが立てられない事が多いので、実は一番、その「制作」部分が甘くなり脆弱になるのです。そして、その甘さはまんま、映像のクオリティに影響します。

少人数制作ほど「誰も制作を管理していない」状況に陥り、土壇場になって「あれがない」「これが抜けてた」などの醜態をさらす事になります。プロ集団が「制作スタッフ」と呼ばれる人員を配置するのは、ちゃんと大きな意味があるのです。

私は2〜3人で作業する事がありますが、「人数が少なくて小回りが利く」のは確かにそうですが、代償として「誰も面倒を見てくれない」状況が待っています。なので、私が編み出したのが「コンピュータに面倒を見てもらう」制作手法です。まだ不完全なシステムではありますが、コンピュータに管理を委任するようになって、何よりもまず随分楽になりましたし、ミスも大幅に減りましたし、精神的にも余裕が出るようになりました。

コンピュータによる創作サポート体勢が必要なのは、まずは個人、少数人数の制作規模なのです。世間では全く逆に考えられていますが、ネ。

制作システムって、大所帯の会社が導入するものだとタカを括っていませんか。大所帯の会社は、いざとなればマンパワーでこなせますが、少人数・個人のマンパワーは悲劇的とすら表現できます。制作システムの「守護」が必要なのは、むしろ、個人や少人数なんですヨ。

ちなみに‥‥コンピュータを制作上の強い後ろ盾にする‥‥わけですから、その制作システムが「日々、何でもかんでも、いちいち手で入力しないとうまく動かない」ようでは「本末転倒」も甚だしいです。作業の中にとけ込むようなシステムでなければなりません。

現在のコンビニ・スーパーのレジをイメージすると、どういう事か、想像できるんじゃないでしょうか。面倒な作業を肩代わりしてくれるツールが、実はデータベースなどと連携して強いシステムをどんどん作っていく‥‥というのが、好ましいのです。制作システムにこき使われるようじゃアウトです。

実は、この「今さらAppleScript」は、各個人が自分なりの作業システムを作るためのきっかけになればと想い、書き綴っているのです。‥‥まあ、ちょっと遠い気もしますが、ちまたには、あまりにも文献が少ないからネ。

今回は手短に、MacOSX付属の「テキストエディット」のスクリプトをちょい、紹介します。

コンピュータが処理している様子は、人間からはまったく伺い知る事はできません。空冷ファンの音が大きくなると、「あ、大変なんだ」とか解る程度です。なので、スクリプトプログラムの文中に「見ている人間がわかるように、文字を表示する」仕掛けを作るのが一般的です。

AppleScriptで文字を表示する手段は、いくつもありますが、今回はテキストエディットを使って、遊んでみます。

以下がスクリプト文です。

--ここから

set cont to "=>
==>
-==>
- - ==>
   - - ==>
       - - ==>
      .       - - ==>
   .              .   - - ==>
             .           .    - - ==>
          .           .         .   .   - - ==>
  .            .       .           .            .   - - ==>
                  .         .                                      - - ==>
         .                          .        .       .                             - - ==>
                                 .                          .        .       .                             - - ==>
  .        .               .   .      .             .            .
.     .           .      .        .        .     .
    .           .      .     .     .
.         .    . 
.    .
"

set AppleScript's text item delimiters to "
"
set cont to text items of cont
set AppleScript's text item delimiters to ""

tell application "TextEdit"
    --activate
    set doc to make new document at the end
    set bounds of window 1 to {60, 60, 1060, 260}
    tell doc
        make new paragraph at the end of it with data item 1 of cont with properties {font:"Courier-Bold", color:{40000, 0, 0}, size:14}
        delay 2
        repeat with txt in cont
            delay 0.1
            set paragraph 1 of it to txt
        end repeat 
    end tell
end tell

--ここまで


上記スクリプトを動かすと、以下のYouTubeムービーのようになります。




‥‥まあ、これ自体に有用性はありません。しかし、文字を書き換えて動かす段取りはわかるかと思います。

次に紹介する予定の、尺のコマ数をチェックして「怪しいかどうかを告知する」スクリプトでも、テキストエディットを使います。

ではまた。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM