見た目そっくり

先ほど、Appleからのリセットメールそっくりのフィッシングメールが届きました。

 

これ。

 

 

こういうメールが届いた時の鉄則は、メール本文のリンクをクリックしないことです。たとえ、Appleからの本当のメールだとしても、「パスワード」に関する内容ですから、別のアプローチを考えます。

 

 

このメールの言う通り、パスワードがリセットされたと言うのなら、まずはApple本家のiCloudへ直に飛んで、ログインしてみましょう。

 

‥‥ログインできます。リセットされてません。

 

 

 

では、次に、メール本文の「ここでパスワードを再設定せよ」と催促しているリンクはどうなってるでしょうか。

 

 

何? この短縮URL。

 

AppleがこんなURL、貼り付けてくるわけないじゃん。

 

 

じゃあ、メールの送り主は?

 

 

 

なんじゃこれ。

 

なぜ、Appleのアカウントのパスワード再設定のお知らせをアマゾンが送ってくるのか? しかも、配送追跡のアカウント。

 

 

 

ウソ確定

 

ニセのサイトに誘導して、パスワードリセットの際にパスワードを入力させて盗む、ありきたりのパターンです。

 

 

まあ、いまどきは本家ソックリなHTMLメールも色々と出現しています。最近、Google(もちろん詐称)かどっかだか、大手の偽メールも目にしました。どれも「パスワードを再設定して」という内容なので、逆に「はは〜ん」と感づきますけどネ。

 

そういうのには、ひっかからないようにしたいですネ。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM