ペン

最近、iPad Proでこなす仕事が増えて、Procreateのペン設定をチクチクいじっているのですが、さっと描くスケッチにちょうど良いペンの設定が作れて、ちょっと嬉しい気分です。

 

リアル筆記具の時代は、信頼してやまない鉛筆やシャーペンの銘柄があったのですが、ProcreateのようなAppですと、いかに自分に合ったペン設定を作れるかがミソになります。

 

軽い筆圧が基本で、色は濃く出て、筆圧で入り抜きや太さが自由にコントロールできる‥‥というのが、私のラフ描き時のベストです。濃さが足りなくて、何度も線をなぞるのは、時間の無駄になりやすいです。

 

Procreateはペンの設定項目が数多くて、なかなか自分の欲しいペンが作れないのですが、今回は「ウォーターペン」というプリセットからカスタムしてみたら、それが妙にハマりました。

 

こんな感じです。

 

 

 

ペンの設定だけで作業効率は上下します。描きにくいペンでは能率は上がりませんよネ。

 

下手に鉛筆系のプリセットからカスタムするよりも、普段は使わないような意外なプリセットからスタートして各種設定をいじったほうが、結果的にしっくりくる事が多い‥‥のを、最近発見しました。

 

「ニッコラル」とかペイント系のペンをカスタムして、濃い鉛筆のようにも使えますしネ。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM