AppleScriptのJavaScript

Pythonは楽しみですが、まずは目先の問題から。‥‥作画済みPSDデータの内容を印刷出力するスクリプトを書かねば、レイアウトや原画がアップするたびに手作業出力で時間がかかります。

 

AppleScriptで書いても良いんだけど、AdobeのESTKでPhotoshopは操作可能だし、ESTKのJavaScriptベースで書こうか‥‥と思いました。

 

‥‥が、そういえば、AppleScriptって、JavaScriptでもスクリプトが書けるようになったんですよネ。全く弄ってなかったですけど。

 

試しにお約束の「Hello, World.」を、おなじみの

 

tell application "Finder"

    display dialog "Hello, World." default answer "はいはい" buttons {"閉じる"} default button 1

end tell

 

‥‥ではなく、JavaScriptの流儀で、

 

var app=Application("Finder");

app.includeStandardAdditions=true;

app.displayDialog("Hello, World.",{defaultAnswer:"はいはい",buttons:["閉じる"],defaultButton:1});

 

‥‥にて実行してみたら、

 

 

‥‥の通りに。

 

 

あれれ、言語の翻訳がすごくラクだぞ。

 

display dialogがdisplayDialogに、default buttonsがdefaultButtonに、リスト { } が配列 [ ] に変わっただけで、覚え直しが極小で済む。‥‥って、まだAppleScriptに留まるつもりか?

 

どうやら、Math.sinなどの、JavaScriptのライブラリが使えるようなので、そりゃあ便利だわ。‥‥って、また、2018年の今、AppleScriptをやる?

 

 

ほどほどにしとこう。

 

じゃないと、せっかくPythonとか覚えようと思ってるのに、未練が残る。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM