音、見つけたー!

私が子供の頃、「秘録・第二次世界大戦」という番組が、東京12チャンネルかどこかで放映されていて、オープニングの映像と音楽が脳裏に焼き付いておりました。

 

その記憶はずっと残り続け、アニメーターになって一人暮らしを始めた頃に、同時期に「ビデオレンタル」が盛んになっていたこともあり、その「秘録第二次...」をVHSレンタルで全巻借りてみました。

 

やはり、オープニングの印象は記憶通りで、悲しみを全面に押し出した旋律にのせて、人々の顔が次々とディゾルブする映像は、ある種の「子供の頃のトラウマ映像」でもありました。実際に生で見た記憶だけが、子供の頃の記憶‥‥とは限りませんもんネ。最後に炎の中に消えゆく少女(か少年か‥‥)の表情は今でも忘れません。

 

 

 

‥‥で、さっき。

 

マルティヌーというチェコの作曲家をApple Musicで検索してたら、ほんとに偶然も偶然で、その「秘録」のオープニング曲を発見しました。

 

 

何らかの関連で検索にひっかかった、知らない曲名でしたが、何の気なしに再生したら、どビックリ。

 

あの曲だーッッッッッ!

 

 

構成を再編成して演奏しなおした最近の音源ですが、むしろ、昔のレンジの狭いサウンドトラックの音より好印象で迫力があります。オープニングに使っていたのは、第1主題提示部、曲の1分までくらいの部分です。クリアな音質で打楽器の重低音も生々しい録音なので、悲しみの他に「怒り」や「嘆き」の印象も力強いです。

 

Apple Musicにあるということは、CDも発売済みだろう‥‥ということで、Amazonにありました。

 

*YouTubeにもありましたが、一応、直リンクはやっぱりやめときます。

アマゾンで1曲だけ買えるようですし、視聴も可能かと思います。Amazon Music UnlimitedだとApple Music同様、全曲が最後まで聴けます。

 

 

うわあ‥‥。何年ぶりに聴いたんだろうか。この旋律。

 

Apple Musicは、こういうことがたまにあるので、やめられない‥‥ですネ。

 

 

で、ちなみに、本編の「秘録」のほうですが、映像はそうとうなもんです。昔のフィルムをデジタル映像技術で綺麗に修復することなどあり得なかった時代の番組なので、映像品質は高くないですが、中身は相当凄いです。

 

一度見たら忘れられない映像がいっぱい記録されています。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM