ルーズリーフ、万年筆

久々にルーズリーフや大学ノートを買いました。何年ぶりだろうか。おそらく、10年以上は買ってなかったはず。

文字を書かなければならないので、必要に迫られて買ったのです。文というよりは、文字、です。

さらに、万年筆も買いました。ペリカンとラミーの2本。ペリカンのは、前から気にいっている廉価モデルを買い足し。ラミーのは実は初めて注文したので、楽しみです。

今の私は、何だか両極端な性質があります。かたや、紙と黒鉛を吟味し、万年筆で字を書き、一方でコンピュータで絵を動かしキーフレームの山をかきわけ、現行のマシンが遅くてじれったい衝動にかられる‥‥という。

多分、今の私は「中途半端な踏み込みで、『デジタル』をやりたくない」のでしょうネ。ごまかすような使い方をしたくないんだと思います。「アナログ」も「デジタル」も。



関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM