もののねだん

私は資料用として、よくスケールモデル(実機のあるプラモデル)を購入しますが、「中古プラモデルまとめ売り割引」の時に、何とも言えないワビしいキモチになる事があります。

中古プラモ10点買うと、XXパーセントさらに割引‥‥とか言う時に、「あと一点あれば、対象になる」という場面があります。

その時に、私が買うのが、値崩れ商品です。値崩れ‥‥といっても、壮絶なヤツを、最近買いました。

まず、アマゾンでの値段。

古代ロボ「ゴダイガー」1390円なり。

一方、中古プラモの通販の定番、駿河屋。

古代ロボ「ゴダイガー」15円なり。


なんて言うか。‥‥‥15円とか、異常な値段です。しかも「新品」。ちなみに私が買ったのは、14円の中古。


しみじみ‥‥と、感慨にふけります。

総額での値引き目的で買うものの、そこはやはり、プロダクトとして可哀想なので、何かしらに役立てようとキットを眺めるのですが、しばし間の後、「アイデア保留」で棚の一番奥に収納されるのです。

ちなみに、箱の側面を見ると、「300円」が定価だった事がわかります。

私はごく稀に、資料目的以外に、「幼少の思い出」ノスタルジー目的でハセガワとかの中古プラモを買いますが、そっちは逆に値段に多少のプレミアが付いているのです。200円だったものが、600円とか。(ゴダイガーを15円で売る駿河屋でネ)

でもまあ、「ゴダイガー」もある種、ノスタルジーではあります。「あの頃の日本」の。

注)駿河屋の9円とか15円とかの商品、アマゾンでよくある「配送手数料でペイする」からくりではありません。もちろん、1500円以下だと送料がかかるとかは普通にありますが、「商品1つにつき必ず配送手数料」という仕掛けは無しです。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM