家のポッド

HomePodが音質云々で話題になるのは、確かに、Apple Musicの高品質(中には低品質の音源もあるが)もあいまって、判るような気もします。AACはヘッドフォンで聴いても音質が良いことを実感できますもんネ。

 

AmazonのEchoは、そもそもAmazon MusicがMP3ゆえに、大した音質を期待できず、「部屋のどこかで鳴っていれば良い」的なレベルで受け入れられているように思います。もともと音質には期待しておらず、そこにきて、意外に音質が良いので、好印象なのです。‥‥少なくとも私は、です。

 

でも、そうなると、AppleのHomePodはガチで音質で勝負するような戦いを迫られるように思います。「秘書」「執事」「マネージャー」としての「今まで家庭になかった機能」で売るのではなく、単にハイエンド(というには安価ですが)オーディオとしてアピールすることになるのは、わたし的には結構「期待はずれ」なんですよネ。

 

はっきり申しまして、コンピュータメーカーが出すスピーカーの音質に過度な期待などしません。むしろ、音響メーカーの手の届かない新たな次元を具現化することに、大きな期待を寄せるのです。


ですから、HomePod発売間近の巷の記事を読んで、「音質が高い」なんていうレビューばかりだと、すんごい不安になります。

 

AppleWatchを引き合いに出す記事も読みましたが、そもそもAppleWatchは純粋な時計機能で勝負してないじゃん? 同じく、HomePodも純粋な音質機能で勝負を仕掛けてはアカンと思います。勝てないライバルがそこらじゅうにウヨウヨしています。

 

AppleWatchならではの「スマートウォッチ機能」は旧来の時計とは別次元でアピールしてましたし、競合のスマートウォッチに対してはiOS/iPhoneとの連携が強みだったわけですよネ。

 

HomePodには、Alexaのスキル開発と似たようなソリューションを用意するのかな。

 

HomePodの値段の高さは、音質が高いからという理由ではなく、アレクサより有能である‥‥という理由であって欲しいです。

 

 

HomePodの「Siri」がアレクサとは違ったスキルを持ち、異なる有能さを発揮するのなら、買い!‥‥でしょうネ。

 

そうでなく、単に音質が良いです!‥‥というのなら、既に音質の良いオーディオセットは自宅にも作業場にもあるからさ‥‥、なかなか導入は難しいです。作業場では、監督、演出、プロデューサー諸氏に映像をプレビューしてもらう際に、オーディオ設備も相応のものを用意していますから、軽く音楽を流す用途ではアレクサさんクラスで十分なのです。

 

 

ただ、音楽って、別体のスピーカーでわざわざ音を出して聴くものなの?‥‥というような、例えば私の実家の両親とかには、もしかしたら、HomePodは良いプレゼントになるかも知れませんネ。iOSのiPadやApple Musicで統一できるし。

 

Apple的には、そうした潜在層を狙っているんですかね。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM