AppleとAmazon、聴き比べ

Apple Musicがここ1〜2年で築いた牙城を、Amazonが切り崩しにかかった‥‥とも言える「Amazon Music Unlimited」。

 

いちユーザの私としては、気になる要素は2つ。

 

  • 曲のラインアップ
  • 音質

 

‥‥です。他の方々もまずソコ、だと思います。費用は似たり寄ったりですからネ。

 

曲のラインアップについては、AppleもAmazonもダブった部分が多く、Appleだけにしかない、Amazonだけにしかない‥‥という要素はあまり多くはありません。少なくとも、私の聴いているクラシック、ロック、ポップス、ラテン、ジャズ、フュージョン、エレクトロニカ・テクノ、ワールド‥‥などのジャンルに関しては。

 

しかも、Amazon参入に備えたか、Appleのラインアップがドカンと増えたようにも感じられます。

 

前回、引き合いに出した「クラウディオ・アバド」指揮のアルバムを検索したら、私が以前検索した時よりも恐ろしく充実しています。

 

*スクロールすると、下に延々と続く‥‥

 

 

私が高校時代に友人から譲ってもらったLPレコード「禿山の一夜・原典版」の音源もあります。以前検索した時には、無かったような記憶が‥‥。見つけかたがヘタなのかな‥‥。

 

このLPレコードにはかなりの衝撃を受けて、何度も聴いたのを思い出します。コルサコフ編集版の大人しく常識的な「禿山の一夜」とは全く別物の、ハイテンションでまさに「悪魔」的に駆け抜ける「原典版の禿山の一夜」の演奏は、「スゴい音楽は、ロックとかクラシックとかのジャンル分けなど関係ない」と音楽の認識を新たにした、私にとって重要な1枚でした。

 

*「禿山原典版」は、2回録音されているようで、私の好きなのは1回目の録音のほうです。若いアバドの勢いと、ムソルグスキーの野心的な楽曲が相まって、とてもスリリングで豪快な演奏です。

 

で、このアルバムは、AppleにもAmazonにもあります。

 

しかし、Amazonはメタデータの編集が甘いのか、Abbadoやアバドで検索しても、このアルバムはヒットせず、abbado mussorgskyで検索してようやく「楽曲だけ」がヒットし、アルバム本体へは「楽曲から遡ってたどり着く」始末でした。

 

どんなに数千万曲あっても、アルバムや楽曲が検索しにくいのでは困りますネ。

 

同じアバドで、ドビュッシーの「選ばれた乙女」もありました。初期のドビュッシーの管弦楽書法が興味深いアルバムです。ロセッティが描くアスタルテのジャケットも印象的です。

 

 

‥‥で、これもAppleにもAmazonにもあります。

 

 

となると、あとは「Apple 対 Amazon」の「音質対決」になります。

 

これは視点を変えれば、「AAC 対 MP3」の対決とも言えるでしょうね。‥‥う〜ん、聴くまでもなく、AAC陣営のほうに軍配が上がりそうですネ。

 

実際に前述の2枚を聴き比べると、特に繊細な合唱部分で明らかな差が出ます。

 

AAC、つまりAppleの音源は、特に問題なく聴けます。音質で気になる箇所はなく、安心して聴ける音源でした。少なくとも「禿山」と「乙女」に関しては。

 

一方、MP3(だと思われる)、つまりAmazonの音源は、低ビットレートのMP3特有の「狭い音」、圧縮のクセがモロに音に出ていました。わたし風に言えば、「鍋で大豆を煎るような音」とでも申しましょうか、「コワ、カコン、クワン、ワコワコ」みたいな高圧縮音源にありがちな「クセの強い」音で、「これは音楽を選ぶな‥‥」と感じました。

 

ドラムやベースでリズムがまずあって‥‥というポップス・ロック・ジャズ系だとあまり気にならないかも知れませんが、管弦楽や室内楽では目立つこともあるかと思います。

 

ちなみに、Apple Musicでも、音源自体のマスタリングがダメだったり(例えば、ゲートが深くて音がボソボソ途切れたり)、異様に低品質な圧縮だったりすることもあります。

 

まあ、Amazon Musicは、MP3を選択している時点で、品質的には圧倒的に不利ですよね。MP3の様々な問題点を見直して改善して登場したのがAACなんですから。

 

 

では、コスト面はどうか。

 

ファミリープランは、AppleもAmazonも互角の1,480円。年間払いだと14,800円で約3千円お得なのも同じ。

 

そのファミリープランのアカウント数は、AppleもAmazonも6アカウント。しかし、Appleは1アカウントにぶら下げられる端末数が多く、Amazonは少なめです。

 

こうやって、比較してみると、「ガチで勝負」って感じですネ。

 

もし、AmazonがAACに切り替えたら、互角かそれ以上になる可能性は高いです。ファミリープランではなく、個人プランでプライム会員なら、Amazonの方が安いですもんネ。

 

 

しかし、今のところは‥‥‥、音質の良いAppleを選ぶかな‥‥。

 

macOSのバージョンに依存しないAmazonの再生環境は魅力なんですけどね‥‥。

 

‥‥で、追加で、アレクサさん用に380円でUnlimited‥‥という感じかな。ちなみに、アレクサさん=Echoが届いんたんですけど、まだ設定もしていなければ、封も開けておりません。どこに置こうか、迷ってまして‥‥。

 

 

音質に明らかな差が出てますので、ヘッドフォンで色々な音楽を聴くのならApple Music、コンパクトスピーカーでなんとなく部屋に音を流すのならAppleでもAmazonのどちらでも、Echo前提ならAmazon‥‥という選択分岐かなぁ‥‥。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM