ギャップレスがきかない

Amazon Music Unlimitedをお試しで使い始めて、早々に気付いたのは、「ギャップレス再生」が効いてないことです。

 

クラシック楽曲だと、間なしで数十分演奏する楽曲もザラなので、トラック(チャプター?)で曲の途中を区切ると、「ギャップレス再生」がどうしても必要になります。本来は切れ目なく演奏される楽曲に、トラック分割点で0.5秒くらいの無音部分が生じてしまうからです。

 

ちなみに、Apple MusicもAmazon Music Unlimitedも提供しているアルバムはかなりダブっており、同じ楽曲でギャップレス再生を検証することが可能です。

 

例えば、マーラー。

 

第8交響曲は、2楽章構成で、特に第2楽章は50分くらいの演奏時間を要する長い楽章です。ゆえに、1楽章=1トラックではなく、曲内の要所にトラックのマーカーが打たれています。

 

 

で、上図アバド指揮の演奏を、まず、Apple Musicで聴いてみたところ、「切れ目なしに次のトラックへ再生が受け継がれて」おり、いわゆる「ギャップレス再生が既に設定済み」です。

 

その次に、Amazon Music Unlimited。‥‥トラック分割点で音が途切れます。ギャップレス再生不可です。

 

 

つまり、Apple Musicはギャップレス対応。Amazon Music Unlimitedはギャップレス非対応。‥‥のような感じです。ちょっと調べてみた感じでは、です。

 

 

う〜ん、これはイタい。Amazon Music Unlimitedの今のところの弱点ですネ。

 

クラシックに限らず、ポップスやロックのライブアルバムだって、ギャップレス再生は必要です。

 

 

Amazon Musicは、MP3ベースだったかな? だからギャップレスに根本的に対応できないのかな?

 

‥‥と思って、以前Amazonから購入した楽曲を見てみると‥‥

 

 

‥‥ですネ。

 

ということは、とりあえず、素の状態では、ギャップレス非対応か。

 

Amazonのミュージックプレイヤーのソフト側でなんとかなる問題なのかな。現バージョンで対応していないから、今後もギャップレス非対応のままだろうか。MP3の細かい仕様はよく知らないので、なんとも‥‥。

 

もし非対応だとしたら、結構なハンデになります。

 

 

でもまあ、考え方を変えれば、日常でEchoとかで気軽に聴くレベルであれば、ギャップがあっても実質は気にならないと思います。日々の雑音にまみれた居室の片隅で鳴るぶんには、ギャップが多少あろうと御構い無しです。使い方の割り切り次第‥‥でしょう。

 

Echoなどのポータブルスピーカーでは、近代クラシックの管弦楽曲のようなダイナミックレンジの広い音源を再生するには向かないですしネ。ジャズやポップスやロックを聴く分には、大した影響はなさそうです。

 

 

 

とは言え‥‥‥、やっぱりギャップレスには対応したほうが良い‥‥ですよネ。正直な話。

 

たしか、iTunesでは、MP3でもギャップレス再生を可能にしていた記憶があるんだけど、どうだったっけかな‥‥。かなり昔の話なので忘れました。

 

調べてみたら、現バーションのiTunesには「ギャップレスアルバム」だったかのプロパティがなく、基本的にギャップレス再生みたいです。しかし、「iTunesで曲間が空く」というユーザの声も検索で結構な数がヒットしており、おそらくMP3あたりの問題なのかな‥‥とは思います。AACで問題を感じたことが、この10年くらい無かったので。

 

う〜ん。ギャップレスなんぞの問題に、今でも煩わされる状況なのね。ひとたび、AACとiTunesを離れると‥‥。

 

 

さて、アマゾンはこのギャップレスの問題をどうするのか。放置か、対応か。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM