何か、色々

ツイッターをたまに見ると、「公式」とか「裏塗り」とか色々な話題が飛び交っておりますね。私はもう蚊帳の外なので、傍観するばかり。


接点もないのに、昔馴染みというだけで絡んだって、お寒いだけだし‥‥。「もうアンタは当事者じゃないんだから」と言われて終いです。

 

昔の現場が、どんどん遠くなっていきます。

 

 

私が度々取り上げる4K60pHDRは、別に「新しいから」取り組もうとしているわけじゃないです。何かに真剣に取り組む時に、「それが新しいから」なんていう動機で行動などしません。実際、ひと昔前に「3Dテレビ」が新しく登場した時は、全く行動しませんでしたしネ。

 

4K60pHDRに取り組む理由は単純この上なし‥‥です。

 

今まで手に入らなかったものが、しこたま、手に入るから‥‥に決まってるじゃん。

 

 

多くの人は、何が手に入るか、まるで判らないから、動かない(動けない)だけです。そうね‥‥20年前のように。

 

‥‥判っている人々は、もう動き出してるもんな‥‥‥。

 

 

逆に言えば、旧来のアニメ技術では、手に入るものはもうない‥‥とも思います。私からすれば、昔の現場は、掘り過ぎて枯渇した炭鉱のようで、いつ崩落してもおかしくないとさえ感じます。

 

とは言え、炭鉱で働く人は、崩落のその瞬間まで、炭鉱と運命を共にしなければならないのでしょうかね? 何か義務でもあるのだろうか。‥‥ないよね。

 

「もっと、もっともっと、とことん掘り進めば、昔のように石炭がザクザク出てくるかも知れないじゃないか」‥‥というのは否定はしません。そう思いたい人が多いのも、「日本人」の特性を鑑みれば、解ります。

 

 

ただ私は、「石炭」から脱して、「石油」や「自然エネルギー」に転換する道を選択します。「油田」は見つかったんだし。

 

未知ゆえに何が起こるか、完全な予測が難しい未来が、目の前に待ち構えているのなら‥‥です。

 

私は「炭鉱夫」だったからこそ、「石炭」に明るい未来はないと実感するのです。「もっと、もっと」と、どんどん掘り進んで、どんどん外界=時代との接点が薄くなって、ようやく新たに石炭を掘り当てて穴から外に戻った時に、まるで世界の技術も価値観も一変していた‥‥なんていうのは、あまりにも悲劇だと思うのです。

 

 

今、20代、30代の人は、ホントに、自分と自分の属する集団の未来を考えたほうが良いと思います。

 

「チャンスを与えてもらえない」なんてボヤてないで「ネジ込んで認めさせれば」良いのです。延々と待ってても、何も始まらんよ。もちろん、「認めさせるための自前の材料」は必要ですよ。

 

‥‥で、ネジ込んでもダメな場合は、その集団から離れるしかないですネ。私も20代の頃は、転々としたもんな‥‥。自分のいる班のフロアだけが、自分の居場所だと思いつめる必要はない‥‥ということです。フロアが変わるだけで、気風も技術基盤も作業意識もコロッと変わることだって珍しくないです。

 

新しい分裂と結合があって、新しい化学変化も起こるのです。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM