均質化と自動化と共有と

数回前のこのブログで、「みんなで共有して、みんなで同じ作業ができるようにする」という考えが、作業者個々の作業価値・技術価値を均質化し、やがて安売り合戦が始まる‥‥ということを書きました。私は10年前くらいに、「であるならば、安売り云々以前に、(撮影の)スタッフ誰もが通常おこなう作業を自動化して、作業負荷を大幅に軽減すれば良い」と思うようになり、そこで作ったのが「xtools」です。

 

「作業をルーチン化すると、マシンでも処理可能になる」ということを、部分的に実践したみたのです。

 

xtoolsは‥‥

 

  • 話数・カット番号に基づいて、素材を収集する
  • タイムシートとデータベースの情報に基づいて
    • コンポジションの尺を設定する
    • 背景とセルをプロジェクトに読み込む
    • 背景とセルをコンポジションにレイヤーとして順番に重ねる
    • タイムシートのコマ打ちをセル(のレイヤー)にタイムリマップとして適用する
    • スムージングなどの基本処理を適用する
    • 最終コンポジションの名称をカット番号に合わせて変更する
  • データベース情報に基づいて
    • レンダリングした映像ファイルがの尺をチェックする
    • レンダリングした映像ファイルの画面サイズをチェックする
    • レンダリングした映像ファイルのビデオコーデックをチェックする(連番の場合はファイル形式)
    • 連番ファイルの場合、連番抜けや0KBファイルがないか、チェックする
  • 作業した作業者名をデータベースに記録する
  • 撮影作業進捗をグラフ表示して、カット個々・作品全体の作業状況を把握する(=Webサーバとの連携)

 

‥‥のような内容を自動で処理していました。まだ他にも処理項目はあったと思いますが、すぐにパッと思い出すのは上記の通り。これらの処理を、作業の節目に合わせて‥‥

 

  • 1・「FHX」(作業の開始準備の自動処理)
  • 2・タイムシートのデータ打ち込み(テキストファイル)
  • 3・「CBX」(プロジェクト・コンポジションの自動構築処理)
  • 4・カット内容を作業者が盛り込み
  • 5・レンダリング結果の目視チェック
  • 6・「RQX」(レンダリングファイルの自動チェック)

 

‥‥という流れで使っていました。これは1カットごとでなく、カット袋がINした時点(サーバに素材が揃った時点)でまとめて担当者がおこない、集中作業していました。タイムシートの入力は悩ましく、「作画時点でタイムシートが電子化されていれば」と当時は思ったものです。また、カット袋にバーコードを貼って、バーコードリーダで作業開始処理をすることも実践したのを懐かしく思い出します。

 

*バーコードリーダはCODE39が読めればOKで、PC/Mac的には「キーボード入力」として認識するので、バーコードリーダ対応のフロントエンドは簡単に作れます。CODE39のフォントをインストールして、カット番号を「*」で囲んで記述してシールにプリントして貼れば「バーコード対応カット袋」になります。‥‥‥が、私はもう「紙運用をやめた」ので根本的に無用になりました。

*ちなみに、仕事ではなくプライベートで、倉庫のダンボールを管理するのに、管理番号とバーコードで管理してます。

 

 

もし、カメラがFIXの日常芝居ですと、あっという間に作業は完了。要するに「素組み」「並撮」に近い状態を、コンピュータの自動処理でおこなうわけです。「After Effectsを使って、セルと背景を読み込んで、タイムシートを適用して‥‥」という一連の定型作業は、もはや「人間が作業すべき価値もない」とすら思えたものです。

 

これを発展させて、「座標・スケールの扱いを全工程で統一する」「カメラワークのマクロ書式を決める」「撮影処理(ディフュージョンとかブレンドとか)を定型化・ライブラリ化し型番で指定できるように制定する」など、さらなるルーチン化・標準化を進めれば、かなりの自動化が可能になる事は、10年前の時点で明白でした。

 

自分の作業がコンピュータに取って代わられる可能性は、「共通化しルーチン化した作業」ほど、高い‥‥と言えます。コンピュータで、AIの進化と普及を待たずとも、単なるIF, ELSEとLOOP、ファンクションの組み合わせで自動化できます。

 

 

もし、現在のアニメ制作現場の「無言の意思」が、「技術を均質化して共有」して「時間もお金も人員規模もローコスト化」したいのなら、もっと推しすすめることは可能です。‥‥それを望むか否かは、現在の現場の人間が、未来を見据えて選択することです。

 

仮にほんとうに自動化が実現し導入され、「自動化により、人員コストを1/3まで減らします」なんて言われたら、どうしますか?

 

その時、初めて、「自分は、自分だけが持つ武器、自分だけの得意分野を育てておくべきだった‥‥」と悔いても、もう手遅れなのです。長い映像制作人生、みんなと同じスキルを持つことだけをゴールにしてしまうと、歳を重ねれば重ねるほど、厳しい現実に直面すると思います。

 

 

私は、どんどん悪化する撮影作業の現状に対し、自動化を導入して対抗しようと思った時期もありましたが、引いた視点で考えれば、それはわざわざ「安さと速さで、血で血を洗う」真っ赤な海=レッド・オーシャンに呑み込まれる運命を自ら選択することだと悟りました。

 

‥‥‥で、10年前の私は、一方で新しいアニメーション技法の自主開発に着手していたので、旧体制の旧来技術に対して、これ以上の時間を割くのを止め、アニメの撮影からも(色々あって‥‥)遠ざかっていったのです。

 

「撮影の自動処理を高度化しても、自分の欲しい映像作品へは到達できない」と思いました。コンピュータに自動でコンポを組ませて自動でレンダリングして、検品だけを人間がおこなう? ‥‥そんな自動化主導の作業で、人々を魅了する映像が作れるとは思えなかったのです。

 

自動化に限らず、人手でさえも、効率化を工程の主目的にすると、自らの仕事を「魅力の乏しい均質化した作業工程へと変えてしまう」ことも解っていました。まあ、ジレンマ‥‥ですよネ。

 

皆で技術を共有して均質化して、作業者個々の個性を無にして、自動化も積極的に導入して、作業の効率化を実践する‥‥というのは、本当にアニメーション作品制作の理想像なのか

 

ある人はYESと言うでしょう。私はNOです。

 

アニメ制作集団は、「原作をアニメ化する変換処理工場」なんでしょうかね。だとすれば、上記の問いはYESでしょう。

 

私はそうは思いません。なので、NOなのです。

 

 

 

 

今、20代の人は、たっぷり40年。30代の人でも、たっぷり30年は未来があります。現在50代でも、あと数年で引退というわけにはいかないでしょう。少なくとも私は、あと20年は関わり続けることになるでしょう。

 

みんなで共有して均質化して、自分の個性や特性を放棄してしまって、それで自分の欲する未来は見えるのか、そして、現在の技術意識のまま、未来も通用するのか、時には思索すべきと思います。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM