テイスト、ニュアンス。

新しいアニメーション技術においては、必ずしも昔の「線画+ベタ塗り」という作業方式を継承しなくても制作が可能なので、色々な絵のテイスト・ニュアンスが実現できます。

 

私は子供の頃から、いわさきちひろさんの絵に惹かれ続けているので、自然な成り行きで新技術の開発においても「淡彩風」のアニメーション技術をテストしています。以下は数年前に紙で線画を描いてスキャンして(まだiPad Proが発売されてない頃でした)、直にAfter Effectsだけでペイントしてみた「淡彩スタイルのテスト」です。キャラのペイントだけでなく、滲みで表現した背景もゼロからAfter Effectsで作っています。

 

*私だってこーゆー絵も描くんですよ。メカや爆発だけじゃなくてネ。ただまあ、依頼がないだけで。

 

こうした絵本のような絵柄も、新しい技術では4K60pそしてHDRで制作可能です。ちゃんとこのテイストのまま、必要とあらば1秒間60枚(60p)でも120枚(120p)でも動かせます。しかも、極めて少人数で、です。Z軸の動き(振り向き)とかも、もちろん、イケます。

*実のところ、少人数で完結できるからこそ、色々なアニメーション映像スタイルを実践できるのです。延べ作業人数を何十人、何百人と必要とする現在のアニメ制作技術では、ニュアンスの微妙なデザインやスタイルは不可能です。

 

2018年を目前にした今は、上図をテストしていた頃より、「4Kでの絵の作り方」がわかってきたと言いますか、線の扱いや、詳細感の表現も進化しています。より、生っぽい、「描き絵テイスト」を「デジタル」で表現できます。

 

‥‥でもまあ、萌えキャラの勢いが続く現在では、こうした素朴な絵柄、おめめの小さいキャラなど、需要がないだろうな‥‥と思いますし、私も他に積み上げていかねばならない技術が山積みなので、しばらく「淡彩スタイル」は放置しておりました。

 

しかし、久々に「いわさきちひろ美術館」のWebをみたところ、なんと来年2018年はいわさきちひろさんの生誕100年じゃないですか。

 

 

うおー。

 

俄然、火が点きました。

 

 

とはいえ、来年になっても、どうせ、こうした絵柄を動かして見たいなんてオーダーなど、来ようはずもないでしょう。

 

しかし、待ってたって、どうにもなるもんでもないです。私の中で重要な要素となるいわさきちひろさんの100年記念となれば、たとえ自主制作でも、たとえ1分でも、「淡彩風の今どきではない絵柄」で作ってみようかな‥‥とムラムラしております。

 

 

簡単でないのは、承知しております。

 

止め絵として描かれた絵は、当然のことながら、止まった状態で完成されています。動かした途端に雰囲気が壊れてしまいます。

 

ゆえに、動かした時に、ちゃんと「最初からそうだったように」感じられるスタイルの絵であることが必要です。とってつけたような動きじゃダメです。

 

それに、いくら「いわさきちひろさんLOVE」でも、まさか、無断で絵を模写して動かすわけにはいきません。

 

ちゃんと、「憧れ」を「自分のスタイル」へと昇華しなければ、自分の作品の作風とは呼べません。自主制作のオリジナルになるのですから、他人の絵を使うわけにはいかないでしょう。

 

でもまあ、実は、どうやって淡彩をスタイル化すれば良いかは、もうアイデアはあるので、ツールを使って具現化するだけです。今はiMac 5KもiPad Proもあるので、道具に不足はないです。

 

After Effectsは、使い方のアイデア1つで、いくらでも「淡彩風」の表現は可能です。髪の毛1本、指1本ごとに動かすことも可能です。

 

安い省略法ばかり考えずに、After Effectsを真摯に正面から画具として扱えば、これほど、絵を動かすのに万能なツールは他にありません。撮影だけのソフトじゃないのです。

 

 

ちなみに、私は東京のちひろ美術館にも安曇野の美術館にも、両方行ったことがあります。東京に至っては、年間会員になってフリーパスで足繁く通っていた頃もありました。

 

コンピュータのモニタしか見ない毎日を続けると、どんどん視野が狭くなり、感動も薄れ、予定調和の仕事ばかりで打算的な自分になっていきます。

 

たまには、自分のルーツを肉眼で見つめることも必要になりましょう。長い人生だもの。

 

 

とは言うものの、いわさきちひろさんの描く子供たちの絵を真似たところで、今の私には邪心が多くて、描いた自分で「うそっぽい」と引いてしまいます。

 

なので、今の自分が描くに値する題材とテイストで、淡彩風にもチャレンジしてみようと考え中です。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM