アニメ制作の厚く高い壁

ほんとに根本的なこと‥‥ですが、アニメを制作する上で、プロだろうがアマだろうが、1番の難敵は「物量」です。アニメ制作に関する様々な物量が、分厚く、高くそびえ立つ、越え難い壁となって往く先を阻みます。

 

今や、iMacとiPad ProとAdobe CCとProcreateまたはClip Studioさえあれば、「テレビや映画と全く同等」のアニメ映像が作れます。これは10年、20年前からすれば、とんでもない技術革新です。

 

しかし、機材があるだけでは映像は作れません。

 

そして、技術があるだけでも映像は作れません。

 

現在のアニメ制作内容だと、夥しい物量がのしかかるからです。

 

原画を描くところまでは、iPad ProとProcreateで何とでもなりましょう。Clip Studioと液タブでも「原画」は描けますよね。

 

しかし、その後は、綺麗に清書して動きを1枚1枚追いかけて動かす、過酷な「大物量」作業が待ち構えています。そして、さらにダメ押しで、これまた1枚1枚ペイントする作業が待っています。

 

その1枚1枚の作業は、大物量だからと言って雑に作業してよいわけではなく、あくまで丁寧に1枚ずつ取り扱う必要があります。

 

 

アニメを作るのは、少なくとも今の日本の方法だと、恐ろしくお金と時間がかかるのです。

 

 

例えば、8〜10分=100カットの短編を作ろうと計画した時、どのくらいの物量を覚悟すれば良いでしょうか。

 

原画は、枚数で計上しない作業ですが、仮に1カット6枚くらいの原画枚数だとして‥‥

 

原画作業 => レイアウト1枚、原画枚数6枚(随分大雑把な計算ですがとりあえず、です)

 

原画作業合計 =>レイアウト100枚、原画600枚(100カットで想定)

 

‥‥となります。でもまあ、私の実感として、1カット6枚の原画はちょっと少ない見積もりのような気がしますが、そこはおいときます。兼用カットもあるでしょうから、レイアウトの枚数は90枚くらいになるのかな‥‥とも思いますが、それもおいときます。

 

で、動画枚数です。現在のアニメは22分で5000枚くらい平気で使いますが、多少エコノミーに考えて、10分2000枚で想定しましょう。すなわち、逆算で‥‥

 

動画作業 => 1カットあたり20枚

 

動画作業合計 => 2000枚(100カットで想定)

 

次に、ペイント枚数。動画と同じ数なのはもちろん、マスクなどの追加作業もカウントすると、10〜20%増しくらいにはなることもあります。極力、マスクは別作業にしないように抑えて、10%増しくらいで計算します。

 

ペイント作業合計 => 2000枚+各種素材200枚=2200枚

 

さらに背景を100カット分、計上すると‥‥

 

背景作業合計 => 100枚

 

‥‥と大雑把でかなり甘い見積もりですが、それを承知で「作業枚数」を全部合計すると、

 

100+600+2000+2200+100=5000枚

 

‥‥となります。

 

1枚1枚の作業の重さは大きく異なるので、いくらなんでも雑な計算‥‥ですが、単純に枚数だけで、作業の規模を曖昧にイメージすると、平気で「のべ5000枚の作業」の勢いです。10分の映像を作るだけで、です。

 

もちろん、演出の方々は、実際の現場作業においては、どのように枚数を減らすかの手練手管をもっていらっしいますし、大勢で分担作業によって処理するので、作画枚数やペイント枚数が膨大でも作品作業が完結できるのですが、個人や数人程度の作業規模レベルでは目眩がするほどの物量です。

 

あまり動かさないようにして、半分の「のべ2500枚」に抑えたとしても、自主制作で個人だと気が遠くなる作業量です。

 

Procreate? クリスタ? Toonz?

 

どんなにソフトウェアが安価でも、結局は、既存の制作現場がなければ、アニメなんて作れないですよね。

 

原画マンが、クリスタを買って独りでできることと言えば、自身の担当分の「原撮」くらいなものです。アニメーターがコンピュータ一式を揃えても、旧来技術で制作する以上は、完成映像とはほど遠いペンシルテストどまりの映像しか、実際のところ実現できません。

 

つまり、現業界の標準技術の線上で思考する限りは、大集団作業でしかアニメは作れないのです。そうした技術上の弱み=人的リソースの大消費構造を、現場の人々は暗黙のうちに解っているからこそ、現在の状況を壊して新しく作り変えるような「次のステップ」に進めないのです。

 

私が以前からもったいぶって書いている「新しい技術」とは、まさにその物量問題を根本的に解決する内容です。もったいぶるには理由があって、軽はずみにブログなんぞで新技術の内容を書くと、未来に悪い影響が出ると言っても過言ではないからです。技術の内容を理解されないまま、曲解されて広まるのを避けたいからです。‥‥なので、例え話しかできませんが、ご容赦ください。

 

新しい技術は、例え1秒間60フレームだろうが、画像の面積が4Kだろうが、さして問題ではないです。上述の枚数計算とは大きく異なるコストで計画して制作します。絵を動かす「動力源」が違うので、今までの「馬力」の計算方法が異なるのです。

 

 

 

「馬」という手段を用いた場合、乗馬する人数も29人になりますし、「馬のメンテ」も29頭分になります。29頭の馬を運用するための所要時間も相応に消費します。馬を繋いでおく小屋もかなり広い場所が必要で、乗馬する29人の詰め所も大掛かりになりましょう。

 

旧来のアニメ制作現場は、1人の作業者が1頭の馬にまたがって作業しているような状態です。そりゃあ、現場はごった返すし、お金はかかるし、待ち時間も段取りにも時間がかかりますよね。

 

かと言って、馬を減らして、乗馬する人員を減らすと、もろに「馬力削減が作品に反映され」てしまいます。

 

旧来アニメ制作現場は、こうした「1頭の馬=1人の騎手=1馬力の作業量」に縛られ続けています。どんなに現場の窮状を訴えようが、コストが猛烈に嵩む構造なのですから、改善の目処など立ちません。

 

しかし、動力源を変えればどうでしょうか。

 

馬に跨るのではなく、バイクに跨がれば、さらには、自動車を導入して操縦すれば、状況は劇的に改善されます。

 

上図のバイクの例のように、新しいテクノロジーの馬力は絶大です。

 

「1台のバイク=1人のライダー=29馬力の作業量」‥‥はちょっと「ふっかけ過ぎ」ですが、まあ、概念はそんな感じです。今は「1台のバイク=1人のライダー=15馬力の作業量」くらいにしておきましょうかね‥‥。

 

 

‥‥まあ、例え話ばかりで申し訳ないですが、概念としては、そういうことです。

 

今後、世界は4Kや60pの時代へと自然な流れで移行していきます。そうなれば、29頭の馬では全然足らずに、120頭でも足らないかも知れません。

 

2020年代の商業映像の分野において、もはや、馬に跨る時代は終わった‥‥と私は思っています。

 

もちろん、乗馬クラブのように、馬を愛でる商業があっても良いとは思います。しかし、馬が交通の表舞台から消えたように、何千何万と絵を描いて動かす方式は、新時代の映像フォーマットの舞台に一時的には乗れたとしても(アップコンとかで)、他の新勢力に押されて徐々に姿を消していくでしょう。

 

‥‥だってさ、「今のままじゃ無理」だと、誰でも冷静になれば判りますよね。旧来の方法で、4K8K時代を生き抜くなんてさ。

 


若い世代は、その年齢ゆえに、新しい技術に目覚めて使いこなす可能性を持ちます。それは単に与えられた時間が多いからで、どんなに時間があっても目覚めようとしなければ、いつまでも古い技術で物量に悶え苦しみ続けるでしょう。若い世代は、成功は確約されていませんが(成功は当人の行動とその時と場の状況次第ですからね)、可能性だけは担保されています。

 

一方、私のような40代50代の世代は、残された時間をどれだけ有効に使うか、それが最重要です。

 

 

新しい動力源、新しい技術の力、新しいコミュニケーション、そして新時代の映像フィールド。

 

新しい要素が豊富にある中、その気になれば、「色々なプロジェクト」を開始できるはず‥‥ですよ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM