Appleという基準

なんだかんだ言っても、私がApple製品を選択しがちなのは、Apple社コンシューマ製品の品質基準に一定の信頼をおいているから‥‥だと思います。ふと考えて、自己分析すると、そういうことになります。

 

最近、EIZOのCG3145で、開発中の4K60pのアニメーション映像や画像を表示する機会がありましたが、そりゃあもう、質実剛健で申し分なしでした。やっぱりそれなりの値段のするリファレンスモニタは格が違って、iMacのモニタとは大きく品質が異なる、圧倒的な基礎性能があります。色付けのない整然とした色彩で、小指の先までの小さなディテールをかっちりと表示する4KHDR60p(120pまでイケるようです)のモニタは、民生とは格が違いました。

 

しかし、値段は300万円です。まあ、どこぞの御曹司か御令嬢でもない限り、自宅には置けないですよね。

 

プロ用リファレンスモニタの性能を日頃の基準とする映像制作者が、自己研究や開発目的で自宅に環境を揃えようとする時、じゃあ、何を買えば良いのか‥‥ということになります。

 

実は必要に迫られて、安い値段(‥‥と言っても10万円台ですが)で、どうにか4K60pHDRを観れるモニタはないか、最近探してみたことがありました。日頃からハードウェアに接している同僚にも協力して頂いたのですが、やっぱりどうしても、良い感じのが見つかりません。10bit以上でHDR(300nitsくらいで十分です)、できれば各帯域のRGBはフラットな特性で‥‥って、少なくとも2017年現在は厳しいのでしょう。10万円台なんて、「おととい、出直して来な」‥‥なのでしょうね。

 

つまり、現実的に考えれば、小規模・個人規模で考えるなら「どう妥協するか」ということになります。

 

だからと言って、「最安値」の製品は、最安値なりの理由があります。

 

その昔、MacBook Airが出た頃に、NetBookを買ってみたことがあります。ASUSかどこかの29,800円の製品でした。そして、安い製品というのは、どういう部分を端折るのかを、まざまざと実感しました。

 

画面の解像度とか、記憶装置の容量とか、端子の数ではないのです。カタログには書き表せないような、極めて基本的な部分が、安値の製品ではひどく劣っていました。

 

それはトラックパッドやボタンの操作感・クリック感だったり、暗部の色調の乱れだったり、スペック表では「この値段でそこそこの性能を誇っている」ように見えて、実は細かい各所が安普請・Poorで、それが作業性の効率をいちいち引き下げてきます。NetBookに限らず、普通のモニタでも安値の製品は、かなり厳しいもの(各帯域の特性とかが特に)があります。

 

かと言って、前述した通り、プロ用機材を買うわけにはいかないのが、個人規模の現実です。

 

繰り返しになりますが、じゃあ、何を買えば良いのか‥‥ということです。

 

私は結局、Apple製品に落ち着いてしまいます。「安くはないが、馬鹿高くもない」、新機軸もどんどん意欲的に盛り込みますし、製品品質における社会的立場もあり(酷い製品を売ると、世間から叩かれる)、ぶっちゃけ、「一番買いやすい」のです。

 

それが理由かはわかりませんが、会社ではWindowsでも自宅ではMacやiPadという人は、最近特に周囲に多いです。「安物買いの銭失い」にもならず、「度を超えた高価な製品というほどでもない」のが、Macやiほにゃららに行き着く理由かなと思います。

 

まあ、あくまで私観ですが、個人用途ならば、iMac 5KとiPad Proの組み合わせは、コストとパフォーマンスのバランス的に「最強」と言って過言ではないと思っています。‥‥あくまで、私観ですヨ。

 

 

とは言え、「Appleの製品が、都合、基準となり得る」のは、今までのAppleの製品開発のドクトリンや品質管理のポリシーゆえですから、今後、Appleが私の期待しない方向へ進めば、他の選択肢を探さなければならなくなるでしょう。そうならないことを祈るばかりですが‥‥。

 

 

 

仕事で旧互換の「デジタル作画」を作業するのなら、ぶっちゃけ、絵が描ける最低限の性能のマシンでも構わないでしょう。しかし、そのマシンを「伴侶」にした場合、手に入れられるのは2K、24p、SDRの過去だけです。4K、60p、HDRの未来には全く役不足です。

 

コンピュータで絵を描く、映像を作るという行為が、どんな未来に繋がっていくのか、ごく自然に想像すれば、必要な機材も技術も浮かび上がってくるはずです。

 

たとえ「民生」レベルであっても、未来を掴むことのできる製品を、自分の「メカの伴侶」にする必要があります。

 

 

 

でもねえ‥‥、Appleは怖い会社なんだよねえ‥‥。結構、ばっさばっさと「切り捨て御免」をするからなあ‥‥。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM