WWDC

ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス。全世界開発者会議。‥‥全世界とはいうものの、要は「Appleの開発者懇談会」みたいな内容で、新製品の発表やAppleのロードマップが示されるイベントでもあります。開発者のApple詣でのようなイベントですネ。

 

今年のWWDCで噂されるのは、iPadやiMacの新型で、様々なプロフェッショナルにアピールする8Kのディスプレイを搭載したiMacすら噂されているようです。‥‥8Kすか。ホントだったら、スゴいですネ。どんどん時代は進んでいきます。

 

4K出力が可能なAppleTVも噂され、AppleTVに限らず、時代は普通に4Kへと流れていきます。私の実家の2Kテレビはそろそろぶっ壊れる兆しがあって、買い換えるときには4Kになることでしょう。40〜50インチで10万円台前半の4Kテレビが四人家族の一般家庭の狙い目かなと思いますから(昔の37インチテレビよりも枠部分が細くなったので、同じ面積でもうちょっとだけ大画面が設置できる)、今は2Kでも次の買い替えは4Kになることはごく普通に予想されます。

 

映像の仕事には全く関係のない人でも、「2Kって近くで見てみると、そんなに細かくないんだね」と言ってるのを最近聞いて、「ああ、そういう時代になったか」としみじみ感じました。スマホの高詳細液晶ばかり見てれば、そりゃあ、37インチの2Kの解像感なんて、荒いですもんネ。

 

Apple WatchやMac Proなどの新型は、今年秋から来年だと言われているようです。実は最近、Apple Watch シリーズ2を買いかけたのですが、踏みとどまり中です。Apple Watchを常用したら、チプカシの出番がなくなる‥‥というのもありますし、そもそも私にApple Watchが必要かも判断しかねているところに、今年の秋の可能性も考えると、なかなか判断に迷うところです。実際、部屋にこもって作業作業作業作業......の毎日で、Apple Watchがあっても当座は活躍しなさそう‥‥。Suicaやカレンダー連動やMapの機能は魅力なんですけどネ。

 

 

WWDCのように、一社のイベントが注目されるのって、実はあまりないですよネ。ひと昔前は、Appleのシェアは風前の灯火なんて言われたこともありますが、見渡せば周りはiPhoneばかりだし、打ち合わせや会議ではMacBookとiPadが多いし、会社の各所に置いてあるマシンはWindowsのどこかのメーカー製でも、自分と距離が近い製品はApple製という人は結構多いんですよネ。‥‥なので、シェアの数字って、実際の生活感とはあまり結びつかない実感があります。

 

WWDCが注目されなくなったら、Appleも黄昏時なのかも知れませんが、今のところは大丈夫そうです。2017年のWWDCはどんなかな?

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM