生き詰まり

先日、耳にした話で、動画や仕上げの単価が徐々に下がる傾向は続いており、動画は200円を切る場合もあったり、仕上げは160円なんていう単価もあるようです。

 

私が学校を卒業して18歳でアニメーターになった時の、動画の単価は120〜130円。80年代後期、線の量のエスカレートした作品が急激に増え、月千枚をコンスタントに描くのはかなり厳しく、家賃三万円台の物件が豊富にあった私の時代ですら、月6〜8万円ではまともに生きていけないことは判明していました。

 

で、2017年の今は、遥かに線が多く、クオリティも要求される状況。

 

 

 

完全に行き詰まっていますよネ。日本のアニメの作り方。

 

 

 

でも私は、「行き詰まり」というよりは、「生き詰まり」‥‥と思うのですよ。永遠に成長し、永遠に機能を維持できて、永遠に生き続けられるものって、存在しないと思うからです。

 

老いは受け入れるべきで、それはアニメ業界も同じことです。

 

人間は歳を重ねるごとに、知識も経験も増え、相応にやることも増え、やったことに対する責任も増え‥‥と、どんどん重荷が増していきます。そして、いつしか、老人となり、第一線を離れ、仕事を辞め、隠居する‥‥という流れです。

 

アニメ制作も同じではないですかね。

 

年代が進むごとに、知識と経験が蓄積してアニメ制作技術が向上し、色々な作風のアニメを作るようになり、品質に対するハードルもあがり、どんどん、どんどん、重荷が増して‥‥。

 

このままのベクトルで進み続ける「わけがない」ですよネ。

 

いつかどこかで、限界値に達して、縮小へと転じるはずです。

 

アラウンド50のスタッフなら、「ああ、自分の身に置き換えれば、思い当たる節がいくつも」と感じるはずです。日頃から「自分の体力に過度に期待する方針は、どこかでストップしなければ」と思っている‥‥でしょう?

 

アニメ業界も同じじゃないですかネ。アニメ業界自身の「体力に過度に依存する」やりかたは、もう通用しなくなるのだと思います。なにものでもなく、アニメ業界「自身」が老いたからです。

 

アニメ業界は、自分自身の体力に過大な自信を持つがゆえに、自分の知識と経験を継承する「子供」を作らなかったし、育てようともしなかった節があります。

 

つまり、アニメ業界の技術は、このまま、「老いを認めない」で行動し続けると、冗談抜きで「一代限り」で消滅する可能性は高いです。

 

 

 

既にそうした危機感をリアルに感じている聡明な方々は、たとえ今はよちよち歩きで幼くても、新しい技術に自分らの「技術の遺伝子」を継承させるべく行動していることでしょう。私も微力で小規模ではありますが、幼い新技術を育てております。

 

現時点では立って歩くこともままならない幼子ですが、今のアニメ業界の技術だって、生まれた頃は同じだったじゃないですか。恐ろしく幼かった‥‥ですよネ。

 

 

積み上げたものをバラして壊すのは、「せっかくここまで積み上げたのに‥‥」と切ないでしょうし、得た技術は手離したくないのも人情でしょう。

 

でもね、‥‥老いたのです。アニメ業界の、思想も技術もシステムもノウハウも。

 

老いて機能が低下し、劣化してしまったからだで、どんなに欲張っても、もう若い頃のように、ウフフキャッキャとはしゃぐことはできないのです。

 

目をそらさず、その事実と向き合わなければ、老いた先でとんでもない破綻がまっているかも知れません。

 

老いた自分自身に全く気がつきもせず、若い世代に老いた思想で洗脳を試みて、大量の脱出者が毎年出る‥‥なんて、あと何年何十年、続けるつもりなのか。

 

 

業界の老いを認めて「覚悟」してしまえば、逆にポジティブな発想も浮かんでくるのではないでしょうか。

 

絵コンテ? 原画? 作監? 動画? 撮影? ‥‥その制作システムの老いを認めた上で、若い層、中堅、ベテランともども、「新しい何かを始める」のが良いと、私は思います。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM