ペン先の替え時は。

Apple Pencilのペン先は、果たして、いつまで使えるのか。

 

中は空洞の円錐になっており、本体からは金属の円柱が伸びているので、円錐が磨り減り過ぎて穴が空く以前に交換しないと、金属の円柱が接触し、ディスプレイ表面を傷つけることになりそうです。

 

いつ変えるのがベターか、その見極めどきが難しいです。磨り減っていても特に不都合なく描けちゃいますしネ。

 

気になってネットで調べて見たんですが、使い過ぎて穴があくと、金属が露出して、やっぱり、ディスプレイを傷つけるらしいですネ。

 

ただ‥‥、磨り減った写真をみると、なにか、不自然な減り方なようにもみえます。かなり荒いヤスリで削ったような‥‥。どう使えば、ガタガタな減り方をするんだろう。それとも、金属を露出させるために、わざとヤスリで削ったのかな‥‥?

 

私の減り方は、均等に円錐状に磨り減っていきます。

 

 

 

 

ちなみに、Apple Pencilは、「ボタンがついてない=ショートカットが割り当てられない」とか「消しゴム機能がついてない」とか言われますが、そこが良いところなんです。Wacomのペンみたいじゃないところ=鉛筆やシャープペンのように細く、適度な重さがある‥‥のが凄く良いのです。

 

愛用していた925とかにちょっと似ているのです。

 

ショートカットはジェスチャーでほとんどカバーできますし、消しゴムは指先に割り当てて消した方が(Apple Pencilは指先と使い分けできる)作業性が高いです。(‥‥まあ、ソフトウェアの設計に依存するんですけどね)

 

ボタンは便利なように思われがちですが、ボタンがあるとペンの円周上に方向性=裏表ができちゃうので、わたし的には、今のデザインと機能のほうが好みです。以前、ステッドラーの925を買うと、クリップを即座に外して指のひっかかりを防止してましたし、他のシャープペンも同様でした。クリップが外せないシャープペンは避けて買わないほどでした。

 

 

写真を撮るために並べて見て思いましたけど、何だか、私の愛用する道具は、皆、似たような太さですネ。

 

人それぞれ、色々と意見はあるでしょうが、私は「Apple Pencilは今のままで良い」と思っています。追加で違う趣向のペンが出ても面白いとは思いますが、今のペンの表面上にゴテゴテを機能を付けて新機種に刷新されちゃうのは、勘弁してほしい。「今のままが良い」というユーザの声も、反映されるといいなあ。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM