iPad Pro、描き味の探求。その後

iPad Proは、Apple Pencilが必須。そしてApple Pencilで絵を描くのなら、procreateも必須。ジェスチャーで軽快に動作する作画環境をまさかの720円で提供してくれるprocreateは、iPadで絵を描くなら買わないでどうする?‥‥というほどの素晴らしいソフトウェアです。

 

もはや、Photoshopをドローソフトとして使うなど、全く考えもしなくなりました。Photoshopはあくまでレタッチ、修正作業のみです。クリスタやTVPは、いずれ本腰を入れて使う機会が訪れるとは感じますが、絵を終生の生業とするのなら、iPad Proのような「モバイルスタジオ」は必須だと思います。

 

昨日公開した絵柄のバリエーションもすべてiPad Proによる線画作業です。

 

自分で描いたにもかかわらず、拡大表示して驚きますが、数年前に作画した紙と鉛筆の線質と、何ら遜色のない、思った通りの描線がひけます。

 

まずは鉛筆の細い線で紙に描いてスキャンした「トラディショナルスタイル」の絵です。描線が見やすいようにアップにしています。

 

 

A4用紙に分割して作画したA2〜A3相当のサイズで、200か300dpiでスキャンして6Kで作成しました。分割作画の手間は相当なもので、かといって、まさかA2の用紙に描くわけにもいかず、描く枚数が少なければ運用可能‥‥と数年前当時は判断しておりました。A4用紙の小さいフレームに4Kネイティブ対応の作画なんて、描けるはずもないですしネ。

 

鉛筆は「999」、ペンテル製の今は無き「ものすごく黒い」鉛筆を使用し、用紙は白色度が極めて高く、紙の繊維も繊細な「こな雪」を使っていました。紙と鉛筆を使って、4K時代の高詳細に真っ向からチャレンジするのなら、鉛筆と紙の銘柄のチョイスは欠かせないと考えていました。

 

線のかすれが鉛筆の味とも言えますが、procreateはかなり緻密な筆記具シミュレーションができるので、もはや、描画性能上の鉛筆のアドバンテージは失われた‥‥と感じます。鉛筆のかすれをシミュレートすることももちろん可能。

 

次は、前回も取り上げた最近iPadで描いた、同じく「トラディショナルスタイル」の絵です。鉛筆のかすれのテクスチャはほとんどOFFにして、均一な濃度の線を設定しています。また、線の太さの強弱は筆圧と傾きでコントロール可能な設定ですが、強弱の幅を抑えて、「淡々とした」線の表情にしています。

 

 

procreateの多彩な描線の設定項目、そして程良い効き目の「ストリームライン」機能(描線のスタビライズ的な機能〜効き目の強弱をスライダでコントロールできる)により、スローな筆致では手描きのフルフル震えた線が描けて、速い筆致ではブレのない滑らかなロングストロークが描画可能‥‥と、「絵を描くことを知り尽くした開発スタッフのソフトウェア」であることが、使用感から伝わってきます。

 

クローズアップにも全く動じない、綺麗な描線は、私の能力というよりは、ソフトウェアの卓越した性能によるものです。

 

 

こうした描線が、実際には、以下のサイズに収まります。

 

4Kそして8Kの圧倒的な画素数を、まさに「水を得た魚」のように活かして自由に作品を作るのなら、描線の繊細さは欠くことのできない必然の要素です。

 

 

今のアニメの線画は、2Kですらアップコンで何とか凌いでいるところも多く、「デジタル作画」もまだ少数派、ましてや4Kなんて‥‥という状況ですが、「業界に歩調を合わせて、何か良いこと、ありましたか?」を思い起こせば、自主的に様々な要素を準備しておくのが「吉」だと思います。

 

 

iPadで思い通りの描線を手に入れたいのなら、以下の要素が必要です。

 

  • procreateのような、描線を自由に細かく設定できるソフトウェア
  • iPadの表面を加工する保護シート(保護フィルム)

 

ソフトウェアはprocreateで決まり!‥‥ですが、問題は保護フィルムのチョイスです。私は4種類くらい試して、現在は下図の保護フィルムに落ち着いています。実は、下図のハイグリップタイプのフィルムは色々と弊害があるフィルムですが、描画の性能を向上するためには、必需品です。

 

 

アマゾンのレビューにも書かれていますが、Apple Pencilの消耗は速くなりますし、ジェスチャーの反応がやや鈍くなります。しかし、筆記具が描画面を「グリップ」するには、必要最小限の摩擦抵抗が必要であり、摩擦が生じる以上、消耗が速くなるのは当然です。

 

ツルツルの丸坊主のタイヤで、ツルツルの路面を走ったら、レーサードライバーの思い通りの制動なんて不可能ですよネ。

 

趣味で絵を描いているのなら、Apple Pencilのペン先の消耗はできるだけ少ない方が良いでしょう。しかし、我々はプロです。

 

プロのレーサーがタイヤの消耗が激しいからといって、ハイグリップタイヤを履かずにエコタイヤでレースしますか?

 

Apple Pencilのペン先は、残念ながら1種類のみで、ハイグリップタイプは存在しません。ですから、路面〜キャンバスのグリップを「ハイグリップタイプの保護フィルム」によって高めて、急発進・急停止・ライン取りが思い通りにできる環境を作るわけです。

 

*なんか、文字が汚くて読み辛くてスミマセン。私は絵は左手、字は右手で書くのですが、絵を描いている最中は持ち替えるのが面倒で、横着して左手のままで文字を図形として描くと、こんな文字になってしまうのです。

 

もちろん‥‥ですが、実際はこんな目にみえるほど、ザラザラはしていませんヨ。あくまで、誇張した模式図です。

 

この保護フィルムを貼っているおかげで、描き始めの「にょろっ」としたブレと、描き終わりの「ちょろっ」としたブレが、確実になくなりました。

 

もしかしたら、このフィルムがなかったら、線画作業でもう少し苦戦している可能性はあります。

 

アポーのペン先なんて、減ったらすぐに交換できるように、いくつも買いためてストックしておけばいいじゃん。まあ、割高感は否めないですけど、それで金を稼いでいるんだったら、「必要経費」でしょ。

 

ちなみに、私は現在、3本のApple Pencilを各作業場所と持ち歩き用に所有しています。持ち歩き用は実は「緊急事態」=Apple Pencilが壊れた時にも役立ちます。

 

Apple Pencil本体が壊れたことはないですが、ペン先が消耗しているのに買い置きがなくて、締め切りも間近で、消耗していない持ち歩き用のApple Pencilが役立ったことが、先月ありました。

 

ちなみに、減るとこんな感じ。

 

IMG_0250.JPG

 

見にくいですけど、右が消耗して円錐状になったペン先です。

 

Apple Pencilのペン先もサードパーティ製が出て、バリエーションが増えてくれると良いんだけど‥‥、それはなさそうな予感。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM