JBL GO 再び。

最近、カセットテープで音楽を楽しむようになったのですが、3千円で買ったモノラルラジカセのスピーカーの音質があまりにもチープなので、同時にもう1つBluetoothの音声飛ばし先が欲しかったこともあり、JBL GOを再び購入しました。

 

 

以前買った青に加えて、今度は黄色を買いました。

 

青いJBL GOは、Amazon Fireから飛ばして、主にビデオ再生の音声出力に使っていましたが、ヌケが良いのに小うるさくなく、中音の人間の声もハッキリ聴き取りやすく、さすが、スピーカーの老舗ならではの手堅い音質だな…と、気に入っておりました。

 

で、今回、iMac 5KのiTunesから、ビデオ音声ではなく、音楽を鳴らしてみたのですが、このサイズからは想像できないほどの低音もかなり出ていたことに驚きました。

 

私は、90年代から安価でもJBLの音が出る「コントロール1」を愛用していましたが、ふっくらしつつヌケの良いカジュアルな音質をJBL GOも引き継いでいたことが意外でした。‥‥だって、3500円のスピーカーですからネ。

 

で、このブログを書くのに、「コントロール1」を調べてみたところ、なんと、在庫限り(=メーカーのアナウンス)ではありますが、販売を継続していたのですネ。発売開始は1986年とのことですから、ロングラン製品です。

 

コントロール1は正直、好みが別れるスピーカーですし、ロック、ジャズ、ポップス、フュージョン、クロスオーバーといった70年代〜現代の大衆音楽にマッチした音質なので、オールマイティとは言い難いスピーカーです。管弦楽のクラシックをメインで聴くのなら、他のスピーカーの方が適しているでしょう。

 

しかし、大衆音楽の、しかも打ち込みではない生のエレクトリック(=変な言い方ですけど)には、めちゃめちゃ相性が良いです。

 

その性質を、JBL GOは小さいなりに受け継いでいるのにはオドロキです。

 

 

まあ、今はどうか知りませんが、昔はJBLというと「味付けが濃すぎる」的な言われ方をしていましたが、有象無象のBluetoothスピーカー製品の中においては、むしろJBLが鉄板・定番の保守的な音質にすら感じるのは(昔の評価を知っているからこそ)笑えます。

 

Bluetoothのスピーカーで聞いたことのないメーカーのをいくつか持っていますが、「スピーカーから音さえ出てればいいんだろ」「低音をブーストしておけば迫力があると感じるんだろ」「高音を強調しておけば高音質だと思うんだろ」的な製品が多くて、決して「音楽的ではない」のが、スピーカー専門メーカーではない限界だと感じておりました。

 

JBL GOはその点、かなりしっかりした音を出してくれます。こんなに小粒(横幅8cm、縦6.5cm、奥行き3cm)なのに。

 

 

今は、なんでもデジタルデータでやり取りされますが、もちろん、そのデジタルデータをそのまま人間が知覚できるわけではなく、人間が受け取れる光なり振動なりに姿を変えることで知覚できるようになります。映像なら光(直接光だけでなく反射光なども含む)、音声なら空気などの振動となりますが、だからこそ、最終の機材はとても重要な要素です。

 

デジタルだから映像が綺麗、デジタルだから音が良い‥‥なんていうのは、「綺麗」や「良い」を形成する要素の半分です。もう半分の要素は、そのデジタルを「再生」する機材が大きく関与しています。

 

どんなに高品質なデジタルデータでも、チープな画質のモニタや、耳障りなスピーカーでは、せっかくの高品質データが台無しです。

 

これだけデジタル漬けの社会において、高品位な「DAコンバート」を手頃な価格で獲得できるか否かが、まさに消費者の腕の見せ所‥‥でしょう。

 

私はiMac 5KやiPad Pro 12.9インチの内蔵スピーカーの音質は、どうしても良い音質には思えないんですヨ。格段に悪いとも思いませんが、まるで音響メーカーと聴きまごう音質とも思えないです。所詮、筐体内蔵の簡易音質‥‥です。

 

iMac 5Kから、安価なヤマハのアクティブスピーカーのMSP3HS5に繋ぐだけでも、内蔵スピーカーより超絶格段に良い音に生まれ変わります。世界が変わるといっても過言ではないです。

 

 

 

FireやiPad miniでのビデオ再生や音楽再生も、MSP3に接続とは言わないまでも、JBL GOにBluetoothで飛ばすだけで、随分と安定感のある音に変わります。‥‥なので、2台目を買った次第です。

 

 

デジタルで品質が良くなったから、アナログはテキトーで良い‥‥だなんて、あるわけないです。むしろ、真逆です。

 

映像や音って、起床して生活してれば、目や耳を通して、必ず自分の内側に入り込んでくるものですから、ちょっとのことでも気を使いたい‥‥ですよネ。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM