チープはフェイクぢゃない

私は、「チープカシオ」を使い始めて以来、すっかり「時計はカシオ」になってしまった‥‥のは、以前書いた通り。チプカシの良いところは、安いのに絶対的な信頼をおけるところです。

 

日本製‥‥といっても、生産はアジア諸国ではありますが、日本が設計して生産管理しているのが、まさに重要な点です。今やアメリカもドイツも、生産拠点は中国やシンガポールやマレーシアなどですが、設計と生産管理を自国で取り仕切ることで、高い製品品質を保持しています。

 

チプカシは「チープ」なんて言葉を使われますが、ことチプカシにおいては、チープは粗悪の代名詞では無く、むしろ、安いのに高信頼性の「照れ隠し」のような言葉です。

 

それに「チープ=値段安い=買いやすい」を逆手にとって、以下のような遊び心のきいた商品も、ファンにとっては嬉しいものです。

 

1〜12ではなく、13〜24という表示は、なんていうか、アニメ業界にぴったり?

 

 

 

この系列の時計(MQ-24系)は、みな軽くて、1g精度のデジタルスケールで計ったら、13gくらいだった記憶があります。カタログ値だと18gとなっていますから、それでも、かなり軽いですよネ。

 

パーツを切り離した際のゲート痕など、粗雑な点は一切見受けられず、材質が定コストなだけで、まさに「CASIO」のロゴが示す通りの高品質な時計です。

 

 

やっぱりさ‥‥、社名は品質の証であってほしいよネ。時計や家電に限らず、アニメ制作においても、すべてにおいて。

 

最近見た無名メーカーの時計で、ぱっと見、「ボッシュ?」と思えるロゴの製品をアマゾンで見て、腰が砕けました。

 

 

値段「3880円」からして、決してボッシュ製品ではなさそうな、この時計。よくみると、「BOSCH」ではなくて、「BOSCK」。

 

 

 

‥‥‥‥。

 

 

 

ウッチャソナンチャソみたいなノリですネ。

 

 

私だったら、5千円以下で物色するなら、カシオやシチズンの‥‥

 

メタルバンドのクロノグラフや、全身ブラックのこれとか、

 

 

赤のアクセントが欲しければ、シチズン(Q&Q)のこれとか、

 

 

 

‥‥に、するかなあ。

 

どんなに無名メーカーでも、見間違いしない自社ロゴを製品にあしらえば良いのに、なんでまた、「BOSCK」なのかなあぁぁぁぁ‥‥‥。

 

 

でもまあ、日本だって、偉そうに言ってられない過去がありますよネ。

 

Gibsonにロゴデザインを似せたGrecoのレスポールがありましたし、Fenderのロゴに似せたTokai(筆記体だとTはFに似る)のストラトキャスターとかね。

 

今でこそ、日本製のエレキギターは世界のブランドですが、その昔はフェンダーやギブソンから、「ロゴを似せた紛らわしいコピー製品を販売するな」とクレームがあったと聞きます。

 

 

どんなに無名でも、どんなに新興でも、技術でブランドを形成して、ロゴを正々堂々と製品(作品)に刻みたいですネ。

 

 

ちなみに、私はカシオといえば、シンセサイザーでした。VZ-10Mというシンセサイザーモジュールをその昔愛用していました。とてもユニークな音が出て、一発で「カシオの音だ」とわかるほどでした。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM