SMARTエラー

最近、Mac mini Late 2012の調子がよくないので、メインマシンがiMac 5Kに移ったこともあり、OSをクリーンインストールしようと思ったら、何と「S.M.A.R.Tエラー」で「インストールできません」と出ました。ハードディスクの自己診断で「もうあかん」と判断され、クリーンインストールも実行不可の状態のようです。

 

放置しててもしょうがないので、これを機に、Mac miniをSSD化して、復旧&高速化することになりました。

 

SSDは、メーカーのWebでも「互換性有り」をアナウンスしているCrucial MX300 750GBをチョイス。3万円もする1TBに比べて18000円で買える750GBだとお得です。現在500GBくらいは消費してますが、使っていない以前のバージョンのAdobeソフトウェアをアンインストールするだけでも、50GBくらいは空くかと思いますので、仮想記憶などの領域も含めて、何とかなるでしょう。

 

コマンド+Rの復旧モードで起動してディスクユーティリティで確認したら、Lower=下段にHDDが装着されているようなので、全バラシモードあまりバラさなくても良いみたいですネ。最近のMacはどれもバラすのが大変ですが、iMacやMacBookに比べればMac miniはそれでもバラしやすい方でしょうから、休日にえいやと修理しちゃいます。

 

でもまあ逆に、不調の原因がSMARTエラーでHDD由来のものだとわかったので、ひと安心でもあります。クリーンインストールせずとも、TimeMachineで故障直前のバックアップから復旧すれば(時間は5時間くらいかかりますが)簡単です。

 

コンピュータってこういうのがありますからネ。‥‥金食い虫何ですよネ。‥‥なので、どんどん稼げる仕組みを作らんとアカンのですヨ。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM