トレーニング

あしかけ2週間のTBHのトレーニングが終了しました。作品制作との同時進行は、事前の自分の予想では結構キツいと思っていましたが、人間とはどうやら、有意義で希望に満ちた精神状態があるとカラダのほうも自然と順応するようで、疲労感は全くないのは自分ながら意外でした。‥‥いい歳なのにネ。

 

After Effectsであの手この手でカットアウトをしたり、何らかのソフトで自動で中の絵を生成したり(スラングで言うと「自動中割り」)と、今までのアニメに対する「後付け」の思考ではなく、何かの絵が生まれる時点から最後の出力まで合理的な思考で貫かれていることをトレーニング中の端々で痛感し、2020年代から「何をすべきか」「どう作るべきか」が直視できました。

 

Adobe CCより年間サブスクリプションのコストがかかるTBHではありますが、アニメーターにとって恐ろしいほどの導入効果をもたらすことを、情報ではなく生身の経験で理解できました。

 

 

 

8月15日がまたやってきますね。74年前、大きな戦争に負けた日。それまでの「日本が終わった」日。

 

アニメ業界って、まさに日本の敗戦のシナリオを「同トレス」しているように思います。日本人の精神的な強みを、精神論に結びつけるだけに終始してしまった顛末。どんなに新しい技術を導入しようが、その使い方が精神論のフィルター越しであることにおいて。

 

敗戦しないと解らなかった‥‥ということは多分にありましょう。

 

ゆえに、にっちもさっちもどうにもいかなくなって、酷い敗戦を経験するしか「新しい目覚め」には至らないのかも知れない‥‥と私は感じるのです。アニメ業界の様々な状況において。

 

日本のアニメ業界が今までの業態では進退極まって、一旦ズタボロになって(いや、今でもそうなってる?)、「それでもアニメが作りたい」と思う人がボロボロの状態から立ち上がって、2020年代以後にふさわしい合理的思考を獲得し、そこに日本人の精神的強みと美意識が加われば、日本は新しい時代にふさわしい「もの作りの現場」を実現できると思います。

 

負けたからこそ解る、負けた人間だけが獲得できるアドバンテージはあるのです。

 

 

 

時代の移り変わりはシンクロします。奇妙ですよネ。

 

2020年を前にして、様々な新しい価値観や技術が同時多発的に水面下で生まれ、成長を開始しています。日本だけの流れのように見える一方で、全世界的な潮流も決して無縁ではないです。4KHDRはその中の1つと言えましょう。

 

その移り変わりを感じ取れない人間は、実は現場にゴロゴロ存在して、「無理」「適さない」「合わない」などのマイナスな言葉を振り撒きます。結構なキャリアを持った人でも、未来を読めない人は多いのです。‥‥そんなディテールも敗戦前の日本の「大本営」っぽいですよネ。

 

実は私も保守的なところがあって、現在制作中の作品の監督さんがまず「TBHを導入したらどうか」と提案してくれた経緯があって、使ってみようと思うに至りました。幸い私は「事なかれ主義」「追随路線」「日和見」に固執するタイプの人間ではないですし、20年近く前からAfter Effectsでのカットアウトに取り組んできた経緯もあって、TBHを習得しようと心を新たにできました。

 

実際にTBHのトレーニングを開始すると、教えていただく1つ1つが合点のいくことであり、例えばタイムライン1つとっても、リグとアニメーションでは使い方が異なり、今までAfter EffectsのカットアウトでやってきたことをTBHのさらに先進的な機能で強化して更新する思いでした。

 

そもそも絵を描いて動かすアニメの現場において、日本では「リグ」という言葉自体が「ちんぷんかんぷん」ですよネ。まずは当人の「意識の改革」が必要だとは思います。

 

TBHならでは機能と構造を理解するにあたり、30代の頃にプログラムに没頭したことも大きなプラスとなりました。TBHは構造自体がオブジェクティブですし、直接的な部分ではJavaScriptを拡張した言語によってユーザ独自の機能を追加できます。After Effectsでのスクリプティングの知識が最大限応用できます。ちなみに「function ()」を記述してツールバーにオリジナルアイコン(のボタン)を登録できるので、After Effectsより手軽で使いやすいです。

 

新しい技術意識へと移行して、TBHを使いこなせば、日本の現場に恐ろしいほどの変革がもたらされるのは必至です。あくまで「使いこなせば」の話です。

 

さらには個人制作でも極めて大きな状況変化をもたらすでしょう。TBHの年間サブスクリプションはAdobe CCより高価ですが、それを補って余る生産性を獲得できます。個人制作って、アマチュアの根性頼みの領域でしたが、ぶっちゃけ、商用個人制作すら可能になるかも知れませんヨ。

 

TBHの中身を知れば知るほど、使えるようになればなるほど、未来のビジョンが明快に見えてきます。

 

 

 

8/15の終戦記念日。

 

TBH。

 

日本人独特の精神性を、昔のまま「根性」に接続するか、新たに「合理性」に接続するか。

 

自分たちのいく先に、思いを馳せずにはいられません。

 

 

 


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM