MiG-25

エアファイター・コレクション、佐川急便からのメール通知通り、MiG-25が届いてました。F/A-18Eと一緒に。

 

 

 

現代のジェット戦闘機とは一線を画す、角ばったデザイン、狭い視界のキャノピー=風防透明部がかなり小さい、質素で地味な塗装。‥‥まさに、雪解け前のソビエト機の特徴が1/100スケールでも楽しめます。

 

メジャー機ばかりの衣替えでラインアップを埋めないで、こういう機体をじゃんじゃん出して欲しいです。

 

早速、墨入れ。

 

 

 

目立たなかったディテールが浮かび上がります。

 

拭き取ったら、終了。

 

 

 

MiG-25のほうは少々汚れ過ぎましたが、まあ、これでもいいか。Wikipediaで見る実機もそこそこ汚れているのもあるし。

 

1970年代以降の機には見られない、無骨な風防は、まさに「ソビエト」機そのものです。

 

*iPhone8のレンズだと、そのままでは広角になり過ぎてカッコ悪いので、離れてズームして狙います。ムチッとしたマッスになります。MiG-25はただでさえキャノピーと比べて機種が長いので、広角だと誇張され過ぎるようです。

 

 

ハセガワのMiG-25は例のベレンコさんの一件の時にちょうど発売時期が重なったのを覚えています。私は当時、小学生でしたが、事件の後か前かは覚えていませんが、ハセガワのキットを買いました。

 

事件があったからキットが出たのか、キットの方が先だったのか、その辺は全く知りませんが、子供向けの飛行機図鑑には既に「リビア軍機が中東地区を偵察」との記事とイラストが掲載されていました。

 

このエアファイターの1/100は、偵察型なので、ハセガワのキット「P型」とは機種の形状に大きな違いがあり、より精悍で直線的な印象です。

 

P型も好きなんですけどネ。

 

*P系列は、機種がタップリとふくよかです。

 

 


エアファイター、値上がり感。

エアファイターコレクションは、アマゾンで検索すると、まともな値段で売っているのは僅かで、あっというまに転売だか中古プレミアだかで、値段が上がりますネ。定価を知らないで倍の値段のまま買っちゃう人もいるのかな。

 

ラインアップに「再放送回」みたいな陰りが出ているエアファイターコレクションではありますが、やはり定期購読が一番確実ですネ。

 

佐川急便からメールで「届けました」の連絡が来るので、出先でも新刊のエアファイターが届いたのが判ります。

 

先月〜今月は、私がずっと楽しみにしていたソビエト(ロシア)機。しかも、メジャーなファルクラムやフランカーではなく、フォックスバット(MIG-25)が発売されました。三菱F-1も発売された(される?)ようです。

 

MIG-25といえば、ベレンコ中尉。函館を思い出す‥‥のは、私と同世代。

 

最近、F-4や14、15の刷り直しばかりで、届いて箱から出して並べても彩りを欠きましたが、MIG-25やF-1ならテンション上がります。

 

最近発売されたばかりのMIG-25でも、アマゾンでは早くも3500円。定価は2190円のはず。

 

エアファイターコレクションは、実質、アマゾンでは買えない‥‥ということかネ。書店で直に買うか、他のショップの通販にしたほうが良さそうです。

 

 


ラインアップ確認

エアファイターコレクションは、今や省みられなくなった過去のジェット戦闘機のシリーズ化と聞いて、買わずばなるまいと定期購読を申し込んだのです。

 

しかし、送られてくるのは、似たような機種ばかり。

 

最初は、

 

 

 

‥‥と、あたかも毎号、じゃんじゃん新旧のジェット軍用機が発売されると思ってたのに、現時点でのラインアップ予定は、

 

1

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第302飛行隊 2001年戦技塗装

2

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第84戦闘飛行隊 ジョリーロジャース 1981年

3

航空自衛隊 F-15J イーグル 航空戦術教導団 飛行教導群 2014年

4

ソビエト連邦空軍 Su-27P フランカー 1989年

5

イギリス空軍 ハリアーGR.9 第1飛行隊 2010年

6

航空自衛隊 F-35A ライトニング 第3航空団 飛行群臨時飛行隊 2018年

7

フランス空軍 ラファールC EC 1/ 91“ GASCOGNE” 2013年

8

アメリカ空軍 A-10C サンダーボルト 第23戦闘飛行隊 フライングタイガース 2014年

9

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第115戦闘飛行隊 イーグルス 2013年

10

ロシア空軍 MiG-29SMT “フルクラム” 第7000航空師団 第5航空群 2012年

11

航空自衛隊 F-2B 第4師団 第21航空隊 第4師団50周年記念塗装 2004年

12

アメリカ海軍 A-6E イントルーダー 第52戦闘飛行隊 “ナイトライダース” 1980年

13

スウェーデン空軍 JAS 39 グリペン F7スカラボーグ航空団 2016年

14

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第31戦闘飛行隊 トムキャッターズ 1986年

15

航空自衛隊 F-15J イーグル 201SQ 千歳基地60周年記念

16

フランス空軍 ミラージュ 2000-5F 戦闘飛行隊 1/2 Cigognes 2015年

17

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第301飛行隊 創隊40周年記念塗装 2013年

18

アメリカ空軍 F-22A ラプター 第1戦闘航空団 第27戦闘飛行隊 隊長機 2007年

19

アメリカ空軍 F-16CJ ファイティングファルコン 第36戦闘航空団 第5航空群司令官機 2005年

20

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第81戦闘攻撃飛行隊 "サンライナーズ" 2015年

21

ロシア空軍 MiG-25RB フォックスバットB 2012年

22

航空自衛隊 F-2B 飛行開発実験団 創立60周年記念塗装 2015年

23

航空自衛隊 F-1 第8航空団 第6飛行隊 航空総隊戦技競技会参加機 2000年

24

F-15C イーグル オレゴン州空軍 第142戦闘航空団第123戦闘飛行隊 2010年

25

アメリカ海軍 F-4J ファントム 第84戦闘飛行隊 “ジョリーロジャース” 1971年

26

航空自衛隊 F-4EJ改 第302飛行隊 ファイナルイヤースペシャルマーキング 2019年

27

アメリカ海軍 F-14D トムキャット 第2戦闘飛行隊 "バウンティハンターズ" トムキャットによる最終クルーズ 2003年

28

A-10C サンダーボルト ミシガン州空軍 第107戦闘飛行隊第127航空団 第107戦闘飛行隊創立100周年記念塗装 2017年

29

スウェーデン空軍 J35F ドラケン Div. 3/F-10 1989年

30

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第4テスト評価飛行隊 ヴァンディ1 1985年

31

アメリカ空軍 F-16CM ファイティングファルコン第20戦闘航空団 「ワールドヴィーズル」 50周年記念塗装 2015年

32

航空自衛隊 RF-4E リーコンファントム 第501飛行隊 2015年

33

アメリカ海軍 F-14D トムキャット 第213戦闘飛行隊 ブラックライオンズ 最終航海時塗装 2006年

34

ドイツ海軍 TORNADE IDS 海軍航空隊 第1海軍航空団 1990年

35

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第301飛行隊 F-1仕様特別塗装 1992年

36

F/A-18E スーパーホーネット アメリカ海軍 第137戦闘攻撃飛行隊 “ケストレルズ” 2011年

37

アメリカ海軍 A-7E コルセア 第37攻撃飛行隊 “ブルズ” 1980年

38

航空自衛隊 F-1 第6飛行隊 航空自衛隊50周年記念塗装 2004年

39

アメリカ海兵隊 F-4J 第451戦闘攻撃飛行隊 "ウォーロード" 1976年

40

アメリカ空軍 F-117 ナイトホーク 第37戦術戦闘航空団 第415戦術戦闘飛行隊 「砂漠の嵐」作戦 1991年

41

ロシア空軍 Su-27フランカー 曲技飛行チーム「ロシアンナイツ」 2005年

42

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第1戦闘飛行隊 ウルフパック1975年

43

アメリカ海軍 E-2D 第125早期警戒飛行隊 タイガーテイルズ 2018年

44

航空自衛隊 F-15J イーグル 第304飛行隊 創隊40周年記念塗装“天狗ウォーリアーズ” 2017年

45

アメリカ海兵隊 F-4J ファントム 第232海兵戦闘攻撃飛行隊 “レッド デビルズ” 1972年

46

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第31戦闘攻撃飛行隊 “トムキャッターズ” 2014年

47

イギリス空軍 タイフーンFGR.4 第41飛行隊 創隊100周年記念塗装「センティネリィ・テイルフィン」2016年

48

イラン空軍 F-14A トムキャット 2015年

49

航空自衛隊 RF-4E リーコン・ファントム 第501飛行隊 航空自衛隊創隊50周年記念塗装

50

航空自衛隊 F-15DJ イーグル 飛行教導群 仮想敵機塗装 2018年

51

アメリカ空軍 F-117A ナイトホーク 第53航空団第53試験評価航空群 “グレイ・ドラゴン” 2004年

52

サウジアラビア空軍 トーネードIDS 2008年

53

アメリカ空軍 F-15E ストライク・イーグル 第366戦闘航空団 第391戦闘飛行隊 2010年

 

 

‥‥と、内容が変更されております。今は消えてしまいましたが、シリーズ開始当初のラインアップは、色々な機体がリストに載っておりましたが、現在は文字通り、機体の塗装を「刷りなおした」号数がかなり増えています。フォックスバット(Mig-25)が14号から脱落した時点で、何かヤバい雰囲気を感じたのですが、20号以降は特に「トムキャット」「F-4」「F-15」の文字がやたらと目立つようになりました。

 

エアファイターコレクションWebのトップページにちらっと見えるMig-23は、53号を超えても現われません。

 

大枚叩いて全部揃えてみれば、半分はバリエーション展開だった‥‥なんてオチにならないか、ちょっと不安を感じ始めてます。

 

でもねえ‥‥、いまどき、冷戦時代のジェット機を扱うシリーズも珍しいし、もうちょっと頑張って耐えてみようかと思ってます。

 

Mig-19とかMig-23とか、Su-15とかSu-17とかSu-24とか、F−102とか105とか106とか、何ならYF-12とかでもイイのよ。‥‥ダメかなあ。買う人がいないから作らないのかなあ。

 

マニアックなシリーズのわりに、売れ線も意識しなければならない‥‥のかな。だとすれば、悩みどころを察せなくもないですが、もうちょいだけ、マニアックな路線に戻して欲しいですね。

 

ゲテモノを出す必要はないとは思いますが、往年の50〜80年代に活躍した機体を期待してます。

 

 


散財エアファイター:F-14,15,16

あまり家に居着かないうちに、エアファイターコレクションはどんどん溜まっていく一方。昨日、まとめて箱から出して、飾りました。派手な記念塗装のものはそのままで、標準塗装のもののみ、墨入れをしました。

*アマゾンはすぐにプレミア価格になっちゃって買いづらいですネ。ラプターが9000円とか、通常価格の2190円で売っているのが少ないです。元の売価をチェックして、賢くお買い物しましょう。

 

墨入れは、綿棒と墨入れ塗料とエナメル溶剤だけで済むので、手間は最小です。‥‥が、模型とはそもそも手間をかける存在なので、4機まとめて墨入れしたらちょっと疲れました。といっても、2時間くらいの作業時間ですけど。

 

 

F-14Aトムキャット、F-15Jイーグル、F-16CJ、ミラージュ2000‥‥と、定番の機体です。

 

まあ、どれも好きな機体なので嫌ではないですが、「もっと他の機体」も出して欲しいです。最近、ラインアップを確認したら、

 

1

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第302飛行隊 2001年戦技塗装

2

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第84戦闘飛行隊 ジョリーロジャース 1981年

3

航空自衛隊 F-15J イーグル 航空戦術教導団 飛行教導群 2014年

4

ソビエト連邦空軍 Su-27P フランカー 1989年

5

イギリス空軍 ハリアーGR.9 第1飛行隊 2010年

6

航空自衛隊 F-35A ライトニング 第3航空団 飛行群臨時飛行隊 2018年

7

フランス空軍 ラファールC EC 1/ 91“ GASCOGNE” 2013年

8

アメリカ空軍 A-10C サンダーボルト 第23戦闘飛行隊 フライングタイガース 2014年

9

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第115戦闘飛行隊 イーグルス 2013年

10

ロシア空軍 MiG-29SMT “フルクラム” 第7000航空師団 第5航空群 2012年

11

航空自衛隊 F-2B 第4師団 第21航空隊 第4師団50周年記念塗装 2004年

12

アメリカ海軍 A-6E イントルーダー 第52戦闘飛行隊 “ナイトライダース” 1980年

13

スウェーデン空軍 JAS 39 グリペン F7スカラボーグ航空団 2016年

14

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第31戦闘飛行隊 トムキャッターズ 1986年

15

航空自衛隊 F-15J イーグル 201SQ 千歳基地60周年記念

16

フランス空軍 ミラージュ 2000-5F 戦闘飛行隊 1/2 Cigognes 2015年

17

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第301飛行隊 創隊40周年記念塗装 2013年

18

アメリカ空軍 F-22A ラプター 第1戦闘航空団 第27戦闘飛行隊 隊長機 2007年

19

アメリカ空軍 F-16CJ ファイティングファルコン 第36戦闘航空団 第5航空群司令官機 2005年

20

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第81戦闘攻撃飛行隊 "サンライナーズ" 2015年

21

ロシア空軍 MiG-25RB フォックスバットB 2012年

22

航空自衛隊 F-2B 飛行開発実験団 創立60周年記念塗装 2015年

23

航空自衛隊 F-1 第8航空団 第6飛行隊 航空総隊戦技競技会参加機 2000年

24

F-15C イーグル オレゴン州空軍 第142戦闘航空団第123戦闘飛行隊 2010年

25

アメリカ海軍 F-4J ファントム 第84戦闘飛行隊 “ジョリーロジャース” 1971年

26

航空自衛隊 F-4EJ改 第302飛行隊 ファイナルイヤースペシャルマーキング 2019年

27

アメリカ海軍 F-14D トムキャット 第2戦闘飛行隊 "バウンティハンターズ" トムキャットによる最終クルーズ 2003年

28

A-10C サンダーボルト ミシガン州空軍 第107戦闘飛行隊第127航空団 第107戦闘飛行隊創立100周年記念塗装 2017年

29

スウェーデン空軍 J35F ドラケン Div. 3/F-10 1989年

30

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第4テスト評価飛行隊 ヴァンディ1 1985年

31

アメリカ空軍 F-16CM ファイティングファルコン第20戦闘航空団 「ワールドヴィーズル」 50周年記念塗装 2015年

32

航空自衛隊 RF-4E リーコンファントム 第501飛行隊 2015年

33

アメリカ海軍 F-14D トムキャット 第213戦闘飛行隊 ブラックライオンズ 最終航海時塗装 2006年

34

ドイツ海軍 TORNADE IDS 海軍航空隊 第1海軍航空団 1990年

35

航空自衛隊 F-4EJ改 ファントム 第301飛行隊 F-1仕様特別塗装 1992年

36

F/A-18E スーパーホーネット アメリカ海軍 第137戦闘攻撃飛行隊 “ケストレルズ” 2011年

37

アメリカ海軍 A-7E コルセア 第37攻撃飛行隊 “ブルズ” 1980年

38

航空自衛隊 F-1 第6飛行隊 航空自衛隊50周年記念塗装 2004年

39

アメリカ海兵隊 F-4J 第451戦闘攻撃飛行隊 "ウォーロード" 1976年

40

アメリカ空軍 F-117 ナイトホーク 第37戦術戦闘航空団 第415戦術戦闘飛行隊 「砂漠の嵐」作戦 1991年

41

ロシア空軍 Su-27フランカー 曲技飛行チーム「ロシアンナイツ」 2005年

42

アメリカ海軍 F-14A トムキャット 第1戦闘飛行隊 ウルフパック1975年

43

アメリカ海軍 E-2D 第125早期警戒飛行隊 タイガーテイルズ 2018年

44

航空自衛隊 F-15J イーグル 第304飛行隊 創隊40周年記念塗装“天狗ウォーリアーズ” 2017年

45

アメリカ海兵隊 F-4J ファントム 第232海兵戦闘攻撃飛行隊 “レッド デビルズ” 1972年

46

アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 第31戦闘攻撃飛行隊 “トムキャッターズ” 2014年

47

イギリス空軍 タイフーンFGR.4 第41飛行隊 創隊100周年記念塗装「センティネリィ・テイルフィン」2016年

48

イラン空軍 F-14A トムキャット 2015年

49

航空自衛隊 RF-4E リーコン・ファントム 第501飛行隊 航空自衛隊創隊50周年記念塗装

50

航空自衛隊 F-15DJ イーグル 飛行教導群 仮想敵機塗装 2018年

51

アメリカ空軍 F-117A ナイトホーク 第53航空団第53試験評価航空群 “グレイ・ドラゴン” 2004年

52

サウジアラビア空軍 トーネードIDS 2008年

53

アメリカ空軍 F-15E ストライク・イーグル 第366戦闘航空団 第391戦闘飛行隊 2010年

 

 

‥‥と、ずいぶんとF-4、F-14、F-15のバリエーション展開が多くなってます。

 

F-4E系列とJ系列やF-15C系列とD系列は別物と考えても良いですが、それでもF-15JとCのバリエーション展開で53機中4機も含まれておりますので、なんだか(テレビアニメだと)「再編集回」が多いなあ…という印象です。F-4EJ改に至っては、定期購読者特典を含めると、第17号までに3回も出ているので、これ以上F-4EJ改で嵩を増やすのはやめて‥‥と願いますが、26号と32号にまた出てくるようなので、「制作者サイドの都合」を感じずにはいられません。

 

たぶん、この調子でいくと、シリーズの1/4はF-4とF-14とF-15で埋まるのではないか‥‥とすら思えてきます。

 

でもまあ、次はMig-25が控えているし、ジェットファイターといいつつE-2Dも控えているし、F-1もトーネードもドラケンも控えているので、定期購読は続行。

 

ビジランティとかスカイホークとか、スーパーセーバーとかサンダーチーフとか、ハンターとかライトニング(英の)とか、スホーイのフランカー以外のとか、本物のエアファイターの種類はまだまだいっぱいありますから、今ではあまり人気のなくなった機種も発売して欲しいです。

 

F-14とか15とか適度に混ぜとかないと、売れないんかな‥‥。マニア層をターゲットにしつつも売れ筋も混ぜないといけない、何かコミックやアニメのような性(サガ)を感じますな。

 

でもまあ、F-14も15も食傷気味ではあるけど、やっぱり機能美に溢れています。何のための機能か‥‥を考えるとダークですけどネ。

 

 

 

‥‥それと、エアファイターコレクションのWebのトップページで、縦にスクロールしていく画像の数々は、今後発売予定の紹介なのかな。

 

画像の中にしれっとB-2とE767が混ざってるんですけど、まさか1/100で出すとは思えないなあ。‥‥ダイキャストでB-2を1/100で出したら、鈍器だもんな‥‥。


1

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM