子孫たち

未来の技術展開を思う時、自分たちは「大戦争に負けた国の子孫」なのか、「ボロボロの焼け野原から奇跡の大復興を遂げた国の子孫」なのかをよく考えます。

 

つまり、日本で生きる人間は、「自分らの過去の実績に慢心して新たなる大きなプロジェクトで失敗して全てを失う」可能性も、「僅かなチャンスをきっかけにして技術を地道に積み上げて大いなる成功を得る」可能性の両方を持ち合わせているわけです。日本の国民性は両極端な性質を内包しているのです。

 

開戦半年で劣勢へと転じた太平洋戦争の負け戦の子孫でもあるし、悲惨な敗戦から僅か十数年で復興し高度経済成長を成し遂げた子孫でもあります。まあ、どう考えても、前者にはなりたくないですよね。

*Wikipediaの記事を読んで驚くのは、戦中の軍需増産の時期も高度経済成長レベルの成長率があったことです。まあそりゃそうか‥‥とも思いますが、そんなのも何だか現代にトレースしてそうで嫌ですね。好景気=勝つ‥‥という図式には必ずしもハマらないことを、歴史は教えてくれます。

*歴史を紐解くと、近年のアニメ業界の制作本数の多さは、結局は崩壊へと突き進む好景気だった‥‥のかも知れませんね。

 

 

しかし、不思議なことに、同じことは何度も繰り返されます。「インパール作戦を地で踏襲するような作品制作」をアニメ業界で見聞きします。

 

要するに、良いことも受け継ぐ一方で、悪いことも受け継ぐんでしょうね。

 

そして、過去の日本人と同じ轍を踏んでいることを、当事者は全く無自覚だったりします。

 

‥‥これがいけないんだと思います。歴史から学べない、経験を活かせない‥‥ということが。

 

でもまあ、「その場の雰囲気で気取る」国民性も、何百年と踏襲しているんでしょうね。ゆえに、戦中の御前会議のような有様=マズいと解っててもその場の空気を優先して合理的な判断ができない人々と化す‥‥のでしょう。

 

 

どんなに大人数で寄り合っても、失敗する時は失敗するし、どんなに少数でも、新たなムーブメントを興すことは可能です。日本の歴史の数々が証明しています。

 

日本の気風を受け継ぐ人間たちは、「大負けする底力(普通、そういうのは底力とは言いませんが)」も、「大勝ちする底力」も、両方持っています。

 

 

大転換期において、日本のどちら側の子孫になり得るか。

 

私は、大戦争に負けた子孫の側にはなりたくない‥‥と思うのからこそ、今、そして未来に、何をすべきをいちいち愚直に考えるのです。

 

 


勝負は時の運

戦に限らず、ビジネスでも、「勝負は時の運」なんて言ったりします。

 

ことわざ辞典によると、

 

勝負は時の運とは、勝負に運はつきものだから、必ずしも実力通りに決まるとは限らない。

 

‥‥とまあ、要するに「物事の成功の可否は、事前に100%予測できるものではない」と言うことです。

 

ただ私は、このことわざを単に「運任せ」のことわざとは解釈しておらず、「勝負するのなら、時を味方にしてこそ、運が呼び寄せられる」‥‥というようにも受け取っています。要は、「運も、時の扱いかた次第で、大きく変わる」ということです。

 

大きな物事を動かそうとするのなら、「時」代性を利用し、「時」間を有効に活用してこそ、運=チャンスは自ずと近づいてくる‥‥と思うわけです。これは過去の経験の数々からしみじみ実感します。

 

私は技術屋なので、技術の時代性をどのように自分らのプロジェクトに利用すれば良いのか、技術体系の初期段階において何をどのような順番で着手していけばよいのかを、よく考えます。

 

漠然と日々の作業をこなしていても、枠内の小さな変化だけで、大枠での未来が一向に開けないのは、アニメ業界に10年もいればよくわかっているはずです。まあ、そう言った意味では、アニメ業界に在籍するスタッフは、時を「消費する」ことにしか使えない(使わさせてくれない)がために、運から見放され続けている‥‥と言っても言い過ぎではないでしょう。運が味方しているのなら、少なくともブラック業界なんて呼ばれないはず‥‥ですよね。

 

ただ、誰かが「時が運を呼び寄せてくれる」のを待っているから、アニメ業界の人々は一向に報われない‥‥とも言えるわけで、まあ、他人任せではなく、自分で動かんとだめでしょ。‥‥待っているだけでも「時」は過ぎていき、「運」も遠ざかっていきますからね。

 

時間はそれこそ1秒単位なので、果てしなく感じますが、考えてみれば、技術だって1つ1つ覚えていくもので、果てしないものです。

 

果てしないから諦める‥‥なんていうことを繰り返していると、運は一向に歩み寄ってきてはくれません。技術を積み上げてきた作業者なら、そのあたりは言われなくても重々承知でしょう。技術だけでなく、自分の「運」に関しても、積み上げれば良いだけのことです。

 

時代性を利用し、時間を有効に活用するには、ショートカットなどあり得ない‥‥と実感します。「時」の進む中で、地道に積み上げてこそ、いつしか大きな建造物が出来上がり、「運」がまるでお客さんのように、その建造物に集まりはじめるのです。‥‥そうしたありさまは、昔っから、何も変わってません‥‥よね。

 

 

 

 


1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM