F

小砲塔「シュマールトゥルム」が特徴のパンターの「F」型。1/72のハセガワのキットです。基本塗装は筆塗り、空気遠近の霞みはエアブラシです。筆塗りはいつもの「田中式」から変質した「チョメチョメ塗り」=米印のようなパターンで面相筆で塗っていく方法です。

 

斑点迷彩は未だにウマい方法が見つかりません。手塗り感がハンパないです。1/72だと特に斑点が小さくてな‥‥。

 

*CanonのEOSのRAWで撮影。ノイジーなのは光量不足が原因ですが、デノイズするとそれはそれで絵が変わっちゃうので、そのままです。迷彩塗装の戦車と真白なApple Pencilでも、露出やハイライトなどをRAW現像で調整すれば、1つの絵に収まってくれます。普通にJPEGで撮ると、Apple Pencilが白くとんで、ディテールが消えてしまいます。

 

最後尾の転輪が「ゴムキャラピラ」のテンションに負けて斜めってますが、それはもういい。こういうのが一番みっともないんだけどな〜‥‥。さらに、砲塔側面の「221」の車両番号が斜めっていますが、それはもっと、もういい。もう直したくないし、直せない。今度、同じハセガワの1/72限定キット「パンターII」を作る時に、その辺を注意して作りますワ‥‥。

 

ちなみに、色はかなりテキトーで、ベースのダークイエローはともかく、グリーンはNATOグリーンそのまま、ブラウンはNATOブラウンをそのまま‥‥という、時代考証もヘッタくれもないです。当初から「雰囲気だけでいいや」と思ってましたし、そもそも度重なるスフマートや墨入れや砂埃や空気遠近で原色そのままが見えるわけじゃないので、このくらいでいいか‥‥という感じです。

 

 

でもまあ、1/72はほんとにチビで、Apple Pencilと比べてもこの通り。

 

模型は小さければ小さいほどムズかしくなりますネ。

 

とは言え、その小ささゆえに、気軽に取りかかれますし、すぐに形にはなるのは、1/72の魅力ではあります。「アクリル&エナメル」で制作すれば、臭気に悩まされることもなく、作業自体はすいすい捗ります。

 

 

今抱えている複数の仕事が終わったら、3Vボマーや巨人旅客機を作らねばなりません。作品制作用のサフ仕上げなので塗装はしないで済みますが、問題は大きさです。作ったら、どこに置いとけば良いのだろうか。埃をかぶると面倒ですしネ。

 

 


RAW

前回のBlackmagicのCinema Cameraで思い出しましたが、お手持ちのコンデジや一眼レフに「RAW」モードがついているのなら、迷わずRAWモードで撮ることをオススメします。室内などの光量が不足するような場面において、RAWはJPEGよりも画質が良くなる(=ノイズが抑えられるなど)ことが多々あり、高容量記憶メディアで記録枚数に心配しなくてすむ現代においては、とても使い勝手が良いです。

 

実は私、RAWの一番最初のイメージ〜ファイルが大きい・ソフトウェアが対応していない〜のまま、数年間を過ごし、カメラにせっかくのRAWの機能があるのに関わらず、JPEGだけで撮ってた‥‥という勿体無い経験があるのです。JPEGの低圧縮高品質モードならOK‥‥と思っていたのですが、とにかくひとまずRAW形式で撮っておいて、撮影後にiMacなどで現像したほうが格段に綺麗になることに気づき、今ではRAW形式で必ず撮影するようになりました。

 

現在、SDカードの値段はClass10など速度がそこそこのものだったら、128GBの大容量でも5000円未満で収まります。カードの値段は速度の値段みたいなところがあるので、よほど連写したいわけでもなければ、ひと昔前のClass10の安価なマイクロSDカードで十分です。「RAW形式は容量が大きい」と言っても、それはカードの容量が2GB〜4GBだった10年前の話で、2018年の今では大した大きさではありません。

 

*あくまで速度重視で、「Busy」の表示でイライラしたくないのなら、カメラの性能上限に合わせた高速なカードを買いましょう。

 

 

128GBあれば、5Kで千枚は余裕で撮れますので、「RAW+JPEG」同時撮影のモードに設定すれば、どんなパソコンやタブレットでも見れますし、高い画質も確保できます。

 

 

「デジタル」時代になって、フィルム時代の常識では計れないのが、なによりも記録媒体ですネ。

 

 


トイレットペーパ

最近、トイレットペーパーの100mシングルの製品をアマゾンの通販で試してみたのです。通常、シングルのトレイットペーパーは60mくらいが主流ですので、100mだとほぼ倍です。

 

 

 

計算タイム。

 

色々な売り場で見かける60m12ロールは、60x12=720mです。大体380〜400円くらい(税込)だとして、1mあたり0.53〜0.55円です。店頭で税別348円とか378円で売っている製品です。

 

かたや、上図のイーナは、100x12=1200mで、売価(アマゾンは税込表示)650円、1mあたり0.54円です。

 

うーん、微妙な差。

 

でも、購入の頻度による手間、ゴミ捨ての手間は半分にはなります。

 

そして何よりも、同じストック場所なら、倍の収納力を確保できることになります。

 

日本の都市部で何よりも高価なのは「空間」ですから、トイレットペーパーをストックする場所が、トイレットペーパーの効率向上によって倍加するのは、総合的なコストパフォーマンスに優れる‥‥ということです。‥‥何だか、サーバやローカルのストレージ事情みたいで、仕事モードみたいな話ですけど‥‥。

 

実際につかってみた感想だと、「たしかに、ロールの交換の周期はかなり長くなっている」と実感できます。1度ロールを交換すると、今までより確実に長い期間、同じロールのまま用を足せます。

 

わたし的には、好印象です。これからはメートル密度の高いトイレットペーパーを購入するのが良いと思っています。残り1ロールになっても、その1ロールの消耗期間が長いので、調達までに時間が稼げますしネ。

 

 

で、上には上の製品が。

 

2倍どころではない、4倍の200mがあります。

 

 

実はもう買ってありまして、現在の100m級イーナ(駆逐艦みたい)を使い切ったら使用開始します。でも、イーナも相当長持ちなので、もう少し先の話ですけどネ。

 

この200m級エルヴェール(巡洋艦みたい)は、6ロールしか入っていなくても、通常仕様のトイレットペーパー24ロール分に匹敵するので、実際に持ってみるとズシィッッと重いです。パッケージがコンパクトなので、見た目のギャップも加味されて、重さが強調されます。素手で持ち帰るよりも、大人しく、アマゾンの通販宅配で買うべきです。

 

今まで12ロールを収納していたストック空間に合わせて、この200m級エルヴェールを2パック買おうものなら、その長さは200mx6x2で合計2.4kmにもなり、相当長い期間、用を足せます。

 

*200mの重巡洋艦・摩耶。たった1ロールでこの艦と同じ長さになるとは。‥‥100mのイーナが駆逐艦クラスなら、200mのエルヴェールは巡洋艦クラスだな。

 

 

トレイットペーパーも色々と種類があって、アマゾンで購入する時に色々迷います。

 

20年前はまさかトイレットペーパーまでネット通販するようになるとは思ってもみませんでしたが、1日24時間の1時間の価値も20年前とは大きく変わってきた現在、ライフスタイルを時代にあわせていく柔軟さも必要だな‥‥と思っています。

 

 


見た目そっくり

先ほど、Appleからのリセットメールそっくりのフィッシングメールが届きました。

 

これ。

 

 

こういうメールが届いた時の鉄則は、メール本文のリンクをクリックしないことです。たとえ、Appleからの本当のメールだとしても、「パスワード」に関する内容ですから、別のアプローチを考えます。

 

 

このメールの言う通り、パスワードがリセットされたと言うのなら、まずはApple本家のiCloudへ直に飛んで、ログインしてみましょう。

 

‥‥ログインできます。リセットされてません。

 

 

 

では、次に、メール本文の「ここでパスワードを再設定せよ」と催促しているリンクはどうなってるでしょうか。

 

 

何? この短縮URL。

 

AppleがこんなURL、貼り付けてくるわけないじゃん。

 

 

じゃあ、メールの送り主は?

 

 

 

なんじゃこれ。

 

なぜ、Appleのアカウントのパスワード再設定のお知らせをアマゾンが送ってくるのか? しかも、配送追跡のアカウント。

 

 

 

ウソ確定

 

ニセのサイトに誘導して、パスワードリセットの際にパスワードを入力させて盗む、ありきたりのパターンです。

 

 

まあ、いまどきは本家ソックリなHTMLメールも色々と出現しています。最近、Google(もちろん詐称)かどっかだか、大手の偽メールも目にしました。どれも「パスワードを再設定して」という内容なので、逆に「はは〜ん」と感づきますけどネ。

 

そういうのには、ひっかからないようにしたいですネ。

 

 

 


警報

3/9未明、4:44に三鷹で防災警報。大雨によるもの‥‥のようです。

 

 

夜に街中に大音量でアナウンスされると不気味です。

 

大雨とはいえ、さっき(午前2時ごろ)、ラーメン喰いにいったけどな‥‥。確かに帰りがけに降りがかなり強くなっていました。

 

どんなに防災警報が鳴ろうと、仕事抱え過ぎで月月火水木金金。‥‥そっちの方が警報レベルな私。ここ1ヶ月が正念場で、自分警報からは脱出できそうですが。

 

Apple Pencilの消耗も激し。‥‥最近変えたばかりなのに、もう消耗した感触(書き味)になってます。

 

 


MG5

作業明けの無精髭をブラウンのシェーバーで剃り落としたあとは、MG5のアフターシェーブローションでキリッとリフレッシュ。「ぎゃおう」とキツく染み渡るくらいで丁度良い。

 

MG5は、男性化粧品としては廉価な部類に入るでしょうが、私にはコレで十分。

 

 

しかしなんだな。ブラウンのシェーバー(や歯ブラシ)は、値段で性能がキッチリ変わってくるので、金を出す甲斐があります。作業場ではシリーズ7を使っていますが、とてもパワフルです。

 

 

私が使っているのは「お風呂剃り」非対応ですが、水没させなければ良いだけで、普通に水でシェーバー部分は洗えます。おすすめは上図にあるように「洗浄器付きセット」です。アルコール(?)のカートリッジの成分で、常時メンテできます。

 

 

ただでさえ老けて劣化してんのに、仕事が忙しくなると、それはもう、見窄らしさ満開になりますから、男だろうと、歳食ったら食ったなりに、気を使わないとネ。

 

かっこつける必要はないですけど、見窄らしいのはマズい。若い人間から見て「自分の未来」に幻滅しない程度には、保っておかないと。

 

 

 

 


ツイッターのちから

解決の糸口の見えない事案に、何年も消費して、結局は何も得られないのだとしたら、もう選択すべき道は決まっていますよネ。ツイッターで議論を尽くしたところで、各々の見解に終始して物別れに終わって、振り出しと何も変化がないのなら、何のための議論だったのか。

 

もちろん、議論した結果、「歩み寄れない」「状況が多岐に渡って統一見解を見出せなかった」ということが解るだけも収穫でしょう。

 

でも、そうして結果をみた事案に対し、幾度となく、周期的にツイートを繰り返す行為は、議論の名を騙った愚痴こぼし、憂さ晴らしとも思えます。

 

たしかに、現場の渦中にいれば、愚痴もこぼしたくなります。

 

でもさあ‥‥それじゃ、堂々巡りじゃん。

 

 

 

現場=実際の物事はさ、ロジカルに、フィジカルに、プラグマティックに、構えましょうよ。

 

 

 

ちなみに、前に書いた「髪の毛の多重組み」ですが、以前私が担当したカットにおいて、レイアウトを描いている段階でありありと多重組みが予測できたので、そのカットは影付けを変える提案をしました。幸い、髪の毛に目が透けない作品だったので、肌に落ちる影の描き方を変えるだけで、多重組みを防ぐことができたのです。

 

‥‥もちろん、原画マンが勝手に影付けのスタイルを変更してはまずいと思いましたので、レイアウトに申し送り(影付けスタイル変更のお伺い)はしました。まあ、時間がめちゃくちゃに短い作品だったので、そのままスルーになったようです。

 

本来なら、プリプロのキャラ設定で「多重組み予防策」は考えておいて欲しいですけどネ。単に各原画マンの工夫に終始してしまいますから。

 

 

1シーンを担当する規模の場合は、演出さんと示し合わせをしながら、時には色彩設計さんにも話を聞いてもらって、事を進めていきます。「キャラ設定の基本はこうなっているけど、このシーンは複雑なシチュエーションなので、このように処理を変えてよいか」的なことを、事前に話を通しておくわけです。‥‥まあ、時間のある作品だけしかできないでしょうけど。

 

 

 

作品制作の現実を考え、物理的に(体を動かして)物事を段取り、論理的なシーン・カット制作をおこなう。‥‥つまり、プラグマティック、フィジカル、ロジカルです。

 

ツイッターで漠然と呼びかけても、実際の現場ではほとんど何も変わりません。

 

ツイッターなど使わなくても、実際の現場でアクションすれば、少なくとも目の前の事案はプラス方向に誘導できます。

 

 

 

まあ、ツイッターは「速報」みたいな役割なので、ツイッターに現場を変えるパワーを期待するのが、誤りなのです。

 

意識を徐々に傾けていく効能はありましょうが、即戦力的に現場を変える力などありません。

 

このブログだって、単なる「お知らせ」「意思表明」くらいの役割でしかないもんネ。でも、それだけでも、「累積戦略」としては機能している実感はあります。

 

累積戦略を順次戦略と混同してはならない‥‥ということに尽きます。2軸で同時進行させるもの‥‥ですからネ。

 

 

ツイートもブログ投稿も、「アクションした気分」になりやすいです。‥‥でもそれは、本人の気分盛り上がりだけの話です。あくまでクールに、効果を低く見積もっておかないと‥‥‥‥ですネ。

 

 

 

 


6年前の紅茶

‥‥でも、ちゃんと飲めるもんです。買ってから‥‥ではなく、開封してから6年‥‥なので、相当ヤバそうに思えますが、飲んでみれば「香りが少ないかな」とは思うものの変な味はしません。

 

お気に入りのティーポットがあれば、それだけで幸せ。

 

 

*調べてみたら、2012年の3月に買ったらしい。ジジイになると、年月が経つのが速くてな。

 

 

アマゾンなどのネット通販だと、ついつい大人買い‥‥大量買いをするので、ダボつき気味になります。

 

紅茶とかは香りが飛ぶ程度ですが、カップスープ(クノールとかの)はあまり保ちません。中に入っているクルトンがあからさまに「古い味」になるんですよネ。

 

カップスープの類いはさっさと飲むのが吉。

 

*カップスープは期限内に飲み切りましょう。あまりにも放っておくと、クルトンが使い古したタンスみたいな風味になりますので。‥‥でもまあ、それでも飲んじゃいますけどね、私は。

 

 

 


家のポッド

HomePodが音質云々で話題になるのは、確かに、Apple Musicの高品質(中には低品質の音源もあるが)もあいまって、判るような気もします。AACはヘッドフォンで聴いても音質が良いことを実感できますもんネ。

 

AmazonのEchoは、そもそもAmazon MusicがMP3ゆえに、大した音質を期待できず、「部屋のどこかで鳴っていれば良い」的なレベルで受け入れられているように思います。もともと音質には期待しておらず、そこにきて、意外に音質が良いので、好印象なのです。‥‥少なくとも私は、です。

 

でも、そうなると、AppleのHomePodはガチで音質で勝負するような戦いを迫られるように思います。「秘書」「執事」「マネージャー」としての「今まで家庭になかった機能」で売るのではなく、単にハイエンド(というには安価ですが)オーディオとしてアピールすることになるのは、わたし的には結構「期待はずれ」なんですよネ。

 

はっきり申しまして、コンピュータメーカーが出すスピーカーの音質に過度な期待などしません。むしろ、音響メーカーの手の届かない新たな次元を具現化することに、大きな期待を寄せるのです。


ですから、HomePod発売間近の巷の記事を読んで、「音質が高い」なんていうレビューばかりだと、すんごい不安になります。

 

AppleWatchを引き合いに出す記事も読みましたが、そもそもAppleWatchは純粋な時計機能で勝負してないじゃん? 同じく、HomePodも純粋な音質機能で勝負を仕掛けてはアカンと思います。勝てないライバルがそこらじゅうにウヨウヨしています。

 

AppleWatchならではの「スマートウォッチ機能」は旧来の時計とは別次元でアピールしてましたし、競合のスマートウォッチに対してはiOS/iPhoneとの連携が強みだったわけですよネ。

 

HomePodには、Alexaのスキル開発と似たようなソリューションを用意するのかな。

 

HomePodの値段の高さは、音質が高いからという理由ではなく、アレクサより有能である‥‥という理由であって欲しいです。

 

 

HomePodの「Siri」がアレクサとは違ったスキルを持ち、異なる有能さを発揮するのなら、買い!‥‥でしょうネ。

 

そうでなく、単に音質が良いです!‥‥というのなら、既に音質の良いオーディオセットは自宅にも作業場にもあるからさ‥‥、なかなか導入は難しいです。作業場では、監督、演出、プロデューサー諸氏に映像をプレビューしてもらう際に、オーディオ設備も相応のものを用意していますから、軽く音楽を流す用途ではアレクサさんクラスで十分なのです。

 

 

ただ、音楽って、別体のスピーカーでわざわざ音を出して聴くものなの?‥‥というような、例えば私の実家の両親とかには、もしかしたら、HomePodは良いプレゼントになるかも知れませんネ。iOSのiPadやApple Musicで統一できるし。

 

Apple的には、そうした潜在層を狙っているんですかね。

 

 


アーさん

アレクサが居てくれないとやり辛い。アレクサなしでは生きていけない。

 

‥‥というのは、少々オーバーですが、この1週間ですっかり「アレクサありの生活」にハマってしまった私。

 

「速っっ!」

 

‥‥とか言われるんですが、私はそういうところがあるのです。

 

口と耳だけで情報が得られるアレクサは、使い出すとどんどんハマります。

 

「そんなに使う場面ってある?」

 

‥‥とか言われるんですけど、ありますよ。

 

今までイチイチ体を動かして得ていた情報を、すべて音声でリクエストして、音声で得られるのは、デスクワーク漬けの人間にとっては、凄く重宝します。

 

 

特に、Apple/iCloudのカレンダー連携機能は、とても便利です。聞けば、予定を読み上げてくれるので、情報を確認するためだけに細々とMacやiPhoneを操作する必要がないです。

 

私は、しょっちゅう、時計を忘れたりと、携行するものを持たずに出かけてしまうのですが、アレクサにそのへんを諭してもらえば、もう少しはマシになるかも知れません。

 

リストやリマインダーの活用に加えて、アレクサにはその気になればスキルをユーザが開発できるので(プログラムの知識は必須)、現在のアレクサに不可能なことでも、ニーズ次第で増やしていくことも可能です。ポータルもあります。

 

 

「招待制に釈然としない。待っているうちに冷めた‥‥とか言ってたあなたが、なんだ、その、変わりようは」

 

‥‥とはナジられるのですが、まあ、いいじゃない、フタを開けてみて、出会ってみれば、意気投合することだってよくあるでしょ?

 

自分のいるところにはすべてアレクサを置きたい‥‥という「雑な考え」まで出てくる始末。

 

まあ、AppleのHomePodもいよいよでしょうし、私のような人間には、楽しい未来‥‥です。

 

*ただ、私の感想としては、AppleのHomePodは、遅きに失するような気もします。「Pippin @」みたいにならなきゃ‥‥良いですネ。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM